2014年07月24日

モトパラダイス関東in信州松代協賛店


今年も…



 
モトパラダイス関東2014開催決定しました!!







そして今回、当店ではモトパラダイス関東2014の協賛店になりました〜。

開催場所は、長野県の信州松代ロイヤルホテル!!
9/27(sat)から一泊です。









当日イベント詳細は…


9/27(土) 

 夕方18:30〜20:00


  • ライブパーティー(立食パーティー)
    ご夕食(90分飲み放題付き)
    ステージ(丸山みゆき)
    大抽選会
    MCにバイクエッセイストの多聞恵美!

 夜20:00〜

  • 自由行動


9/28(日)

  • 9:00〜
  • 朝食後に出発





 




今回のモトパラは、限定600名になります。
先着で予約です!








でも、600名って余裕があるのでは??と思いますよね!?

しかし、当店のような協賛店が、現在約150店舗

一般応募が50名で計算すると…一店舗平均3名くらいの予想になります!!

 

なので、スグに満員になる可能性がです。



 



協賛店のお申し込みは、8月1日から開始〜!!!

協賛特典で先行予約ができます。


8/1〜8/18申し込みなので、当店では8/18に予約入れる予定です。




 
モトパラダイス関東の詳しい内容はコチラ













そして!!!







今回…





このモトパラ2014にびんじょうして、当店ロングツーリングも併催しようと思います!!
ルートは、志賀草津を経由してモトパラ会場へINする予定。宿泊するので、体力的にも余裕がありそうです。



s-P1040576.jpg
※当店での嬬恋ツーリング写真




ツーリングの詳細は、決まり次第、追ってお知らせしたいと思います。
まずは、モトパラダイス関東2014のお申込みをお願いいたします!!





当店でのお申し込みは、8月1日(金)から!!

※定員になり次第、募集は終了いたしますのでご了承ください。


 

最後にもう一度、モトパラダイス関東の詳しい内容はコチラ




是非、宜しくお願いいたします<m(__)m>

2014年07月22日

トリシティ125の試乗記



高性能とは…安心感である…


わたしは、素直にそう感じた。





 
それは、先日開催された、販売店向けの試乗会





tricty (3).jpg




わたしは、今年9月にヤマハから発表されるトリシティ125にのってきた。






トリシティ125は、いわゆる「3輪バイク」だ。







tricty (4).jpg












3輪といえば、ホンダの市販車「ジャイロ」を連想する方も少なくないだろう。








しかし、トリシティ125との大きな違い「前輪が2輪」と言うことである。










その、大きな違いとは??












特徴を分けてみてみる…






 
2輪(ジャイロ)の場合

荷台の下にタイヤが2つあるのでたくさん荷物を積んでも安定感がある。配達などに使われる事がおおい。 働くバイクと言える。





二輪の場合

ブレーキや旋回時にとても負担のかかる前輪。
それを2輪にすることで、石畳や悪路でもハンドルが取られにくい
同時に、発進や停止時にふらつきが少なくなるので、コーナーリングもグリップ力が上がり安定感があるのだ。


 





 
このように「前輪が2輪」というとで、
今までのオートバイとは別モノの特徴が出てくるといえる。








tricty (1).jpg





前回、当ブログ内のボルトの紹介で、



「ヤマハのハンドリングは扱いやすい」



と定評があると書いた。






それは「ハンドリングのヤマハ」異名をもっているほどだ。






R1などのスーパーバイクからアメリカンタイプのオートバイまでが、
ヤマハの精密な計算から運転しやすいハンドリングをいつも生み出している。





今回のトリシティ125は、その集大成とでも言わんばかりだ…







tricty (2).jpg











実は、高性能オートバイはとても乗りやすい…

だから、安全に速く走れる。




と言えるのではないだろうか。









オートバイ雑誌でも有名である「ネモケン」こと、根元健さんはこう言っている。


 


 
〜〜以下ヤマハホームページより引用〜〜

'80年代にかけてコーナリングをスポーツとして多くのライダーが楽しむようになった時代に、「ハンドリングのヤマハ」がメーカーのイメージとして語られていたのを記憶されていると思う。その真っ只中で楽しみ方を伝えてきた側として忘れられないのが「ヤマハらしさ」だ。

〜中略〜


その「ハンドリングのヤマハ」から誕生した新しい次元のハンドリングを目指した「トリシティ」。


根元健


 











今秋、注目な1台であることは間違いないだろう。








tricty.jpg




トリシティ125  356,400円 [消費税8%含む](本体価格 330,000円)









ps


BSHキャンプミーティング、おかげさまで無事に終了いたしました〜(^v^)
ありがとうございますっ!!
結果、榛名湖から永井食堂までのプチツーリングも予定通り行いました。


榛名湖の道中には、超〜濃霧の中の走行もありました!

そして、その後ゲリラ豪雨なども(汗


ですが、二日目には前日の天気が嘘のように晴天に恵まれ、気持ちのいいツーリングになりました!
詳細レポは、後日お伝えしたいと思います〜。


posted by BSH at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月14日

ヤマハのBOLTボルトご納車


先日、ヤマハのBOLTボルトをご納車させていただきました。



DSC_0058m.jpg






そして今回、当店でETCも装着




ワイズギヤからオプションで、専用のETCケースがでているので、
自然でキレイに装着できました!!



DSC_0084.jpg







ボルトとは…??



今年からヤマハに加わった、最新のアメリカンクルーザーです。



ツイン950ccの排気量で、中低速で最強のトルクを引き出します



DSC_0075.jpg




マフラーからは、ドロンドロンと超重厚ながらも、なめらかなエキゾーストサウンドを堪能できます。





そしてサウンドだけではありません!!






設計フレームによりライディング中でも、心地よい鼓動をライダーに伝えることが可能。






DSC_0071.jpg







イールベースは 大きい車体ながら、1,570mmと短めに設計。


これにより、ワインディングでも軽快感のあるハンドリングはもちろん、
ごく低速走行の市街地でも安定して扱いやすくなっています。







見た目以上に軽快に走れるという「ヤマハならではのハンドリング」ではないでしょうか。








装系も、デジタルメーターやLEDテールライトを採用するなど、カスタム感あふれる、現代にマッチしたつくりとなっています。







DSC_0069.jpg





さらに、現在ぞくぞくとカスタムパーツの開発が進んでいるので、自分だけのスタイルに楽しく仕上げていけます。
今後、注目のバイク間違いないですね!!







DSC_0079.jpg





PS



当店の「ツーリング掲示板」を更新いたしました〜!!

どうぞ、こちらものぞいてみてください!(^^)!



posted by BSH at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする