2016年03月27日

CBR600RRにABM製バーハン化キットを取り付け。

以前に、CBR600RRにABM製バーハン化キットを取り付けをさせていただきましたので、ご紹介いたします。


ドイツ製のパーツで、説明書もなく分解の多い大変な作業になりますので、ご参考になれば幸いです。


実は、CBR600RRの純正ハンドルのセパハンから、
バーハンドルに変更することで、こんなメリットがあります。

1.トップブリッジを変更することで、今後のハンドル交換の際に選択肢が増える。
2.幅が広くなって、高さも増すので、姿勢が楽になる。
3.ハンドル周りがカッコよくなる

この中でも、最大のメリットはやはり

「乗車姿勢が楽になる」

ということではないでしょうか。



さて、それでは作業内容と交換部品のご紹介をしていきます。


まずは、純正ハンドルの取り外して、バーハンドル用のトップブリッジに交換します。
この際には、タンクカバーとサイドカウルは取り外しています。

そして、ハンドルの幅と高さが増すので、クラッチケーブルとブレーキホースを交換します。
ブレーキホースは、ダブルディスクなので2本交換。
当然ブレーキフルードも抜けてしまいますので、そちらも交換後にエア抜きをします。

ホースの取り回しは、説明書には書いてありませんので、最良のポイントを見つけて取り回しします。


CBR600 (2).jpg




アクセルワイヤーは、取り回しの変更のみで大丈夫のようです。

そして、ハンドルにスイッチボックスのまわり止めの穴をあけます。


左右に開けるので、取り付けた時の「位置バランス」を見極めて
穴あけ作業をいたします。





CBR600 (3).jpg





試行錯誤の末、

この状態になるまで、6〜7時間かかってしまいました。




CBR600 (4).jpg




そして、ハンドルを左右に切ったときに、
アクセルケーブル、クラッチケーブル、ブレーキホースが
突っ張ったり、よじれたりしないよにクランプをつけます。

これも、説明書には載っていないので、バランスを考えて組み付けます。





CBR600 (1).jpg




一通り組み付けたところで、スイッチハーネスの取り回しを確認して、
不具合があればもう一度カウルを取り外して修正、変更を加えます。




そして、最終チェックを終えて、試運転にて確認後にはじめて完了となります。





CBR600 (5).jpg






SSバイクのバーハンドル化は、乗り手の体系に合わせ、それぞれのバランスを最適にして組み付けると、
見た目もカッコ良くなり、軽い車体に快適なポジションでライディングもレベルアップいたします。

是非、ご参考くださいませ。







posted by BSH at 17:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月09日

XLH883スポーツスター 4速をご納車いたしました。〜充電系の修理ステーターコイル レギュレーター マグネットの交換 〜



1988年ハーレーダビッドソン XLH883スポーツスター を

ご納車させていただきました。

いつも遠方からお越しいただき、まことにありがとうございます。




車両は、1988年H−D XLH883 4速 です。




4速ミッションにキャストホイールという、個性のあるカッコいい1台になっています。



xlh883 (2).jpg








今回ご納車にあたり、このような内容で整備させていただきました。







  • キャブレターオーバーホール スローアジャストスクリュー穴あけ
  • ヘッドカバーガスケット交換
  • ステーターコイル モールドタイプ
  • クラッチドラムシェル(ステーターマグネット)
  • レギュレーター
  • ETCの取り付け BE-51
  • ブレーキオイル交換
  • エンジンオイル交換
  • 他 車検整備 点検






細かく整備させていただきましたので、技術的な面も詳しくご紹介させていただききます。






キャブレターオーバーホール


納車整備にあたり、エンジンアイドリングやふけ上がりの肝となる
キャブレターの点検と清掃を行います。




xlhキャブレター.jpg






純正CVキャブの場合、スローを調整するスクリューに蓋が圧入されていて、
調整できなくなっているのでこの際に外しておきます。






xlh883 (3).jpg





スローを調整することで、アイドリングの安定やアフターファイヤーを抑えることができます。








ヘッドカバーガスケット交換




ヘッドカバーからエンジンオイルが漏れていたので、ガスケットを交換します。




xlh883 (4).jpg





エボリューションエンジンは、ヘッドカバーが3枚も重なっているのでガスケットも3枚。前後で6枚の交換です。




xlh883 (5).jpg






外したときに、ポシッシュをかけて磨いたのでのピカピカです。







電装系の交換




今回、点検の段階で電圧が上がらず、「充電系の不具合」が発見された為、電装系の修理をしました。





xlh883 (7).jpg






プライマリーを開けて、部品を確認してみたところ、ステーターマグネットが一部損傷。






xlh883 (6).jpg
左が破損しているシェル 右が新品対策品






4速スポーツスターの場合、クラッチシェルとステーターマグネットが一体になっているので、

クラッチドラムシェルとして交換です。





コイル.jpg





また、充電系に関係する所は年式を考慮して、ステーターコイル モールドタイプとレギュレーターを新品で組み込みました。






xlh883 (8).jpg






交換後は、電圧も正常になり安心です。






ETCの取り付け




別体式のETC BE-51をセットアップ。



高年式のスポーツスターではシートの下にECUが入っておりスペースが確保できにくいですが、
4速フレームのスポーツスターではギリギリETCを納めることができました。







xlh883 (1).jpg





他、車検に伴い、整備と点検を入念に行い、最終チェックをしてご納車いたしました。







これからのオートバイシーズン、楽しいバイクライフを送ってくださいませ<m(__)m>








【別冊】特集コラム 「失われたツーリングの魅力」とは・・・






あたたかい日が、度々おとずれる最近。


いよいよ、オートバイシーズンの到来といったところ。


暖冬といわれた今シーズンだったが、それでも寒い日は続いた。


しばらくツーリングから遠ざかっていた人も多いだろう。


さて、「ツーリング」の魅力とはなんであろうか。



それは一言で言うなら良い意味での「現実逃避」の魅力である。



各故、わたし。実はとても人見知り体質。
自分の言動があいてにどう思われているか気になってしょうがないのだ。


そして、出不精という側面も兼ね備え、世間では暗い性格といわれている人間。



そんな、わたしだが、がただ一つ開放的になれるところがある。



それは「見知らぬ場所」である。



例えば、こんなことはないだろうか?



はるばる遠くまで行った時。そこが海だったする。

海原に向かって、両手を広げ開放的に風を受けて大きく深呼吸をしているその時!



肩をトントンと叩かれる。

はっ。と振り返ると・・・








「あれ?○○会社の○○さんですよね?」






なんて言われた瞬間に、

いっきに開放感から冷めてしまうでしょう?



これでは、5時間もかけた長旅でも、
いきなり「ふり出し」になりかねない・・・



このように、「旅」っていうものは本当の自分探し、

あるいは自分の原点に返ることができる行動なのではないだろうか。




posted by BSH at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月02日

ゆるキャラ「はにぽん」コラボレザーキーホルダー完成!~ハンドメイドレザークラフト~

埼玉県本庄市マスコットキャラクター


「はにぽん」

とのコラボレザーキーホルダーが完成いたしました!!

「はにぽん」といえば、本庄市のゆるキャラ。




昨年の2015年11月のご当地キャラクター日本一を決める




「ゆるキャラグランプリ」


では、深谷市のイメージキャラクター「ふっかちゃん」の3位には及びませんでしたが、
「はにぽん」は昨年67位から7位と大躍進しました!







ooyorokobi.png














そんな有名になったキャラクター「はにぽん」とBSHがコラボしたキーホルダーを製作してしました。




しかも・・・・


ただのレザーキーホルダーではありません・・・





実は、当店のレザー製作部門「Laramie」でおなじみの、



ベジタブルグレージングレザーを使用しています。







はにぽん2.jpg



この、ベジタブルをグレージングレザーはすべて天然の成分でなめし加工しており、
革本来の経年変化を楽しめる素材でもあります。




その特別な革を使い、Laramieでデザイン、裁断、縫製まで
一貫して製作しているのです。







ハニポン2.png
製作前のラフデザイン






そんな経緯で、地域密着型のBSHでは、
ご当地キャラのはにぽんとのコラボ企画を実現できたのです。



ちょこんと座った「はにぽん」が、
つぶらな瞳であなたを見ていますよ〜。


周囲には、



「かわいい〜」


といわれることうけあいです。









是非、オートバイのカギにつけて、
みんなの注目を浴びてみてください!!







はにぽん.jpg





※現在店頭およびイベントにて販売しております。

 ただし、すべて手作りの為、数に限りがございますのでご了承ください。


posted by BSH at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | SHOP日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする