2012年02月26日

ブレーキキャリパオーバーホール 。

image/2012-02-26T11:31:46-1.jpg油圧ブレーキのひきずりは、ピストンシールの硬化が進みゴムの慣性力が減少した状態で、ブレーキの油圧が0になったときにコンマ数ミリが戻らなくなることが原因で起こります!
このブレーキパットとディスクのクリアランスはブレンボなどの有名ブランドは特に狭くなりシビアなメンテナンスが必須です!

それなでブレーキのひきずり等がある場合、シールの交換が必要になりますが、ピストンのサビがひどい場合は液漏れや動作不良に繋がるので同時に交換がオススメです!







posted by BSH at 11:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは、酷いな〜
Posted by うり at 2012年02月27日 20:20
ブレンボのピストンは高そうですね。と言うかピストン単品で購入できるのかな?
Posted by さの at 2012年02月28日 21:34
コメントありがとうございます。
車両に純正でついているブレーキでは結構バラバラで部品が出ると思いまよ〜。ちなみにBMWの純正ブレンボとかですとメンテナンスキットという『定期的に交換してください』みたいな名前でマスターシールセットがあったと思いました!!
Posted by ほり at 2012年02月29日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック