2013年10月22日

清里ツーリング〜最終章

今回も、清里ツーリングのつづきです!




さてさて、

私達は、清里に到着したものの
ノープランだった為、
お昼の場所を探す事となりました。






そこで現れた


「AFGAN」


の文字。




さてこれは、何屋さんでしょうか。




レストラン?

雑貨屋さん?

それか…。






前回、第3章の最後の写真にもあったので、
検索された方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。







あなたは、もうわかりましたか??







b-P1050582.jpg







前回の続き…






走り続ける事10分。




木陰の中に5〜6台のバイクが駐車してあるのを発見






もう失敗は、許されない!!
(詳しくは第4章をご覧下さい)






「この時間に、ツーリングのバイクが止まっているという事は
おそらく食べ物がある。」



そう確信し、
おもいきって行ってみる。







まだ、走りたいと訴えるエンジンをなだめるように

カギをひねり、エンジンを止める。


グローブをはずす。



久しぶりに
ヘルメットを脱ぐ気持ちだ。










まずは、私一人で店内の様子を
見てくる事にした…





てくてく






お店の周りは、木々が繁茂
外から建物は見えない。






入り口を探していると、
先に駐車してあった
先程のバイクの持ち主であろう
バイカー達がこっちへ向ってくる。




ちょっと聞いてみる。







「すみませ〜ん。ここって食事できますかぁ??」



バイカーA
「ここはカレー屋っすよ。」



バイカーB
「スゲー待たされるよ。」




「そーですか。ありがとーございます!」





いよいよ、
ランチにリーチしたようだ。






入り口を見つけ、
入ってみる。






s-P1050578.jpg






しかし、先程のバイカーの言った通り
中は混んでいるようだ。




列の先の
整理券を取る。





5組待ち…





お店はウッドベースで
西欧風のつくり。



薄暗い琥珀色の照明に合った
ゆっくりした音楽が流れる。





見渡すとアンティークの様な置物が
ディスプレイしてあり
とてもシャレオツだ。





一度戻り、
事をメンバーに伝え
外で順番を待つ事にした。





待つ間、これからのルートの相談、

それぞれの過去の旅の思い出

そして、このお店の想像の話し…

など談笑をしていると、
あっという間に時間(トキ)が過ぎた。





ピンポーン!



私達の番号が呼ばれ足早に中へ向かう。





店内には、階段があり食事フロアは
2階にある。



s-P1050594.jpg




大人一人分程の幅の
階段を上がり、早速本丸へ。




自然と期待が膨らむ。




食事フロアは一階と同様
シャレオツな雰囲気で、
全体的に照明は押さえ気味








窓からの光が輝かしい






s-P1050587.jpg






10人掛け程の
大きなアンティーク調のテーブルに通され、
私達はおもむろに席に着く。







お店の方にメニューを手渡され、
改めて「カレー」なんだという事を実感させられた。





ちょうどメンバーの方達全員が
それぞれ違うお品になったので、
どんなのが来るのか楽しみだ。






私は「チキンカレー」にする。








数分後…






次々と注文の品が運ばれてくる。







チキンカレーがキターーーーー!!






カレーとライスは別々ののようだ。





ルーをスプーンですくい、
ライスにかける。




カレーのルーはサラサラした
本格的な感じで、ライスは少し固めのよう。



すぐさま、ライスの隙間にカレーが流れ込む。

そこにゴロゴロとした「チキン」をのせる。



まさにチキンカレーだ。






P1050592.jpg






想像では、チキンがルーに
溶け込んでいると思っていた。




だが、

想像を遥かに超えたボリューム感。


そして、
サラサラしたルーにも関わらず、
奥の深い濃厚な辛み




冷たい水がとてもうまい。




額に汗をかきながら、
思わず、無言で食べてしまう。







ちなみにベーコンカレー↓

s-P1050590.jpg





そして、カレーをキレーに完食して、
早々とお店を出る。





だが、あまりのんびりは
していられない。




再び、駐車場へもどり


冷めたエンジンに火を入れ
軽く暖気をする。



いよいよ最終目的地の

「赤い橋」

へ出発!!






後に聞いた話しによると、
この「AFGAN」は
カレーでは有名なお店らしく、
東京、千葉など遠方からの来店も多いらしい。
人気メニューは、「ベーコンエッグカレー」
「牛煮込みカレー」などがある。








相変わらず、
天気は良好で
空気がとてもすがすがしい。





気温も20℃前後で
ジャケットを着ててちょうど良いようだ。





高原道に入り
がひなたぼっこをしている。




道路の左右が八ヶ岳牧場だ。





その八ヶ岳牧場を過ぎ、
しばらくすると
橋が見えてくる。




これがツーリングマップルの
裏表紙に載っていた



赤い橋



かっっ!!




パシャ。

s-P1050602.jpg




パシャ。

s-P1050598.jpg







私たちは、
ついに最終目的地へ到着した!





感無量…。




あれっ?





ふと気がつけば

少し日も傾いてきたようだ…





の乾いた空気が
今日の旅の終わり仲間との別れを感じさせる。






すこし淋しいな気持ちになった…





そんな時は、






「また、行きましょう!!」





仲間のそんな言葉が胸に響く。











だが、家に着くまでが「ツーリング!!」





気を抜かずに、オートバイで走り切る。










そしてまた日常という道に戻る為



我々はアクセル少し多めに開いた…











THE END








ps


今回のツーリングは、
何より抜群の天候とコンディション。

そして、良いメンバーに恵まれ
最高のロングツーリングになった。

普段生活する街の喧噪から離れ、
森林の中や、標高の高い所を
走るのはとても爽快だった。

改めて、今回も御同行くださった皆様、
本当に有り難うございました。

そして、最後までご覧になって頂き
誠にありがとうございましたm<ー_ー>m





他の写真はコチラバッド(下向き矢印)
http://www.ab.auone-net.jp/~b_s_hori/photo/touring_m.html











この記事へのコメント

去年の8月に友人と、この「アフガン」のカレーと「中村農場」の親子丼をランチにハシゴしてからもう一年経ったんだぁ〜と感慨深く思い出しました…。笑 ボリュームあるトッピングもさることながら、カレーそのものの風味も個人的にはかなり印象に残っております! あの時はまったり四輪で往復しましたが〜やはり八ヶ岳山麓は二輪で流したいですね!
Posted by 駆け出しオフローダー at 2013年10月24日 12:01
お〜!!
駆け出しオフローダーさんは、知っていたのですね〜!!
「アフガン」を!
さすが食通です(*_*)
やはり、美味しいと評判だったんですね〜。
あのボリュームは、癖になりそうです。
確かに、オートバイで走りたくなる、走って楽しい道だと思いました〜。
Posted by hori at 2013年10月26日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。