2014年03月21日

BMWS1000RRのご納車




先日、BMW S1000RR をご納車させていただきました。




DSC_0009.jpg


みなさまは、BMWのスーパースポーツはご存知ですか??


実は、BMWはビックオフロードのみならず、スーパースポーツも本気でつくっているんです。
数々の国際レースでも実績をのこしていますよね!?






今回、BMWが妥協を一切することなくつくったマシン。


BMW S1000RR を紹介させて頂きます。







DSC_0060.jpg





特徴を、おおきく3つに分けてみました。









S1000RR 3つの特徴…


1.193PSのパワーを、あますことなく操作できる、4つの走行モード。
 
 

 「Rain」 「Sport」 「Race」 「Slick」
この4つの走行モードにより、マシンがコンディションに合わせたセッティングになります。

これにより、街のりでは、マイルドなレスポンス。サーキットではパワーが最強になり、敏感に反応するアクセル。そして、どこからでも加速するトルク。
このモード選択で、どのようなコンディションでも、ライダーに最適な走りをあたえてくれます。

2.ハイパフォーマンスなパーツの標準装備。

ハンドルの下にひっそりと身を隠すかのように存在する。機械調整式ステアリングダンパー。
これが、最高のハンドリングを可能にしています。

そして、ギヤシフトアシスト。クラッチ操作なしでギヤを上げていけるのです。
これは、レーシングマシンに装備されている、超一流システムです。

さらに、強大なパーワーを受けとめるクラッチに。スリッパークラッチが採用されています。
そのほかたくさんのBMWのノウハウが注ぎ込まれています。

3.安全性能も最高峰。

S1000は、サーキットで最速に走るだけではありません。

超一流のシステムを誇るBMW。その、電子制御ABS、DTCにより、安全性能も格別です。

この2つのシステムで、193PSを完ぺきにコントロールします。



※これらの、技術はレースでの実績があります。
その技術を、s1000にフィードバックしています。



以上、ざっくりとご紹介させて頂きました。



この凄さ、伝わりましたでしょうか??



一言でいうと、冒頭でも述べたBMWが妥協を一切することなくつくったマシンであるということに尽きるでしょう。













そして今回、ETCの取り付けもいたしました。

昔からBMWは、高速安定性に定評がありますよね?
高速道路はもってこいです。

ETCの活躍がとても期待できますね?



S1000は、カウリング内が配線でびっしり。
取り付ける場所と、配線の取り回しがとても悩みました。



s-DSC_0033.jpg




そんなBMWは、純正で配線に布テープを使っています。
部分的に。




今回、それに合わせてETCの配線も布テープで仕上げました。
純正とテープの質感を合わせました。
これでスッキリです。





s-DSC_0038.jpg


布テープは、見た目だけではありません。
耐久性が高く、こすれにも強いのです。






ハイパワーでシビアな状況でのられるマシン。
いたるところに、工夫があるのです。

それだけに、都度、点検と改善は必要になりますね。






DSC_0031 (2).jpg


今後とも、楽しいバイクライフを送って頂くために、当店で全力サポートしていきます。
お任せください!!





posted by BSH at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。