2014年05月26日

ドカティモンスターS4故障

先日、わたくしのモンスターS4がエンジントラブルになりましたので、トラブルシュートしました!!



ある日のこと…

My BikeのモンスターS4にしばらく乗っていなかったので、ちょっと様子が心配になりました。


 
放置期間、およそ2カ月!?



エンジンをかけてみようと…


バッテリーは、たまに充電をしていたのでOKです。


しかし、なんか嫌な予感が。

様子をうかがうようにセルのボタンをプッシュ




キュル、キュル、キュル〜!

キュル、キュル、キュル、キュル〜!!

キュル、キュル、キュル、キュル〜!!






エンジンがかかりません…



プラグに火が飛んでない様な感じ…


「乗っていないのに故障する事ってあるんだなー。」

と思いふけります。



でも、想定の範囲内です。キリッ!




その日は、あまり時間が無かったので、後ほど診ることにしました。




数日後…




とりあえず、前回に故障したちょっと怪しいダイレクトイグニッションコイルを診断しようと、テスターをつなぎます。



s-01445b3eb20651c3bcff83c6db369d387142b16443.jpg



テスターを接続すると、アクチュエータ系(ファン、コイル、インンジェクターなど)を故意に動かす事ができるのです。
そして、過去のエラーのチェックもできます。



実はテスターの接続部分は、他の外国車とも共通しています。




s-019d07477332c4fcd73879052e8eeaa607e307a934.jpg




そして、パソコンに車両データを読み込ませると…





なんと、エラーが入っていました!!






s-無題.jpg





「エンジンrpmセンサーの不良」と出ています。




ということで、rpmセンサーの位置を確認。




s-01d89f8783964c886a5635b3e6d0cff0d660a78621.jpg





まずは、センサーの外観で損傷が無いかチェック。



OK。





そして、センサーから出ている配線の断線やカプラーをチェック…



カプラーに腐食を発見!!



ここの部分の接触不良で、rpmセンサーにエラーが出ていたようです。




おそらく、雨やほこりなどが、カプラーに入り込んで腐食につながったのでしょう。



端子を綺麗に磨き、あらためて接続すると、
わたしの不安とエラー表示は消えました。



ついでに、イグニッションコイルと、ファンモーターの作動をチェックして終了。






これにて、無事にエンジンをかける事が出来ました!!!
やっぱり、なおったら走りに行きたくなりますね〜手(グー)





トラブルシュートのご参考になれば幸いです!!














posted by BSH at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドカティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック