2014年09月21日

カワサキエストレヤRSを納車



先日、カワサキ エストレヤRSをご納車いたしました。



DSC_0005.jpg










実は…



エストレヤの歴史は、意外と長く、




そして、その年ごとに歴代カラーリングが施されているのです。












歴代エストレヤの違いとは??(抜粋)






1992年5月 ESTRELLAの最初の発売。



estrella (3).jpg


初号機のエストレヤでは、座席がシングルシートになっていて、
現行よりだいぶクラシカルな印象。




1995年 ESTRELLA-RSが登場。


estrella (4).jpg


RSバージョンは、ロングシートを装着しているのが特徴。
シングルシートはエストレアカスタムで継承。








2001年  最初のリミテッドエディション限定発売。

estrella (5).jpg



パールホワイトのカラーリングに、各部にクロームメッキが施されている。
500台の限定車。







2002年 スズキとのOEM相互供給の発表。


estrella (6).jpg



デザイン以外、諸元表、価格には変更は無し。






2003年 ESTRELLA-RS(クロームバージョン)限定発売。

estrella (7).jpg

専用色のパールブレイジングオレンジをベースに全体にクロームを施していある。
500台限定。





2004年  2003年の限定車のオレンジからホワイトに変更したバージョンを発売。


estrella (8).jpg

これは、3ヶ月間の受注期間限定で発売された。








2005年 クロームメッキ/カスタムクリームイエローの限定車発売。

estrella (1).jpg

こちらも、3ヶ月間の受注期間限定で発売された。










2007年 RSとカスタムの設定はなくなる。


estrella (2).jpg



タコメーターが追加された電気式二眼メーターに変更。タ
ンク下のイグニッションスイッチの位置もハンドルの所に変更。


その後、2014年現行車に至る…


















このように、
同じフォルムのデザインを保ちながら、エストレヤは少しずつ進化しています。








そして今回、ご依頼いただいたものは、2004年式 ESTRELLA-RS のクロームバージョン









先ほどの通り、2004 ホワイトのクロームは、3ヶ月間の受注期間限定で生産されたので、台数が非常に少ないのです。









さらに、程度の良い車両となるとさらに減少。






そんな希少な車両を探し、先日納車させていただきました。。










納車前に、


エンジンオイル、エレメント、ブレーキオイル前後、タイヤ前後の交換。






さらに、タペットの調整。


IMG_4262.jpg





エストレヤは、バルブクリアランスが狭くなりがちなので、

納車前に点検調整しておきます。







「エストレヤに似合うバッグを」


というご要望を頂き、

デグナーのサドルバックを装着しました。




DSC_0018.jpg





クラシックなデザインとブラウンカラーがバイクにとてもマッチしますね。

女性オーナーらしい、エレガントな雰囲気に仕上がっています。











後日、発注していた純正のエンジンガードをセッティングして完了です。




DSC_0004.jpg










とても綺麗に仕上がりました。



たのしいバイクライフを満喫してください〜!












DSC_0008.jpg










posted by BSH at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。