2015年01月29日

CRF250Lの新車をご納車


昨年のお話ですが、CRF250Lの新車をご納車させて頂きました。






ありがとうございました<m(__)m>



CRF250L (5).jpg





その納車の際に、ZERO−Gヘッドライトカウル取り付けや、シートの塗装も承りました。


遅ればせながら、ご紹介させていただきたく所存でございます。











みなさまは、おぼえてますか??







以前当店で、WR250XにZERO−Gヘッドカウルを取り付けさせて頂いた事です。
そう。その際は、ヘッドライトにWR250F(競技車両)のライトユニットを組ませていただきました。






今回は、そのZERO-Gからでている、CRF250L専用の「ヘッドライトカウルセット CRF250Lパッケージ」を組ませていただきました。
このパッケージは、ヘッドライトカウルとH4タイプの電球が付くライトユニットがセットになっています。そして、ボルトオンの設計になっています。







しかし、注意点が一つ!!





実は、ボルトオンとはいっても、取り付けの際、フロントフェンダーに穴あけが必要になります。そして、そのカウルとフェンダーとの間に隙間が空くので、当店ではカラーを製作して付けさせて頂きました。このカラーを入れないと、ボルトナットを締めすぎてフェンダーが歪んでしまうので注意です。















そして、オーナー様のご要望で「シートをブラックにしたい」とのご用命がありました。

つづけて納車前に塗装もさせて頂きました。






CRF250L (3).jpg




シートの塗装は、「染めQ」というカラースプレーで塗装いたしました。





そこで・・・・・





「柔らかいシートに塗って、塗装が剥がれないの??」





っと、こんな疑問が浮かぶかと思います・・・

はい。実は大丈夫なのです。






「染めQ」は皮革・布やABS樹脂・PVC素材などに塗ることができ、「塗る」というより「染まる」に近い液体。






 『染めQ』の場合、染めQテクノロジー独自の技術により粒子を超微粒化し、素材のデコボコの深部にまで浸透します。
この浸透力のおかげで素材への接地面が大幅に増え、いくらひっぱっても割れない柔軟性を生んでいるのです。また、耐摩耗性が優れているのもこの浸透力に理由があります。
何かの衝撃で表面が削れても、デコボコの山のてっぺんの塗料が剥がれるだけなので、見た目には全く色が剥がれていない様に見えるのです。

〜株式会社染めQテクノロジィHPより抜粋〜






CRF250L (2).jpg
Before



CRF250L (3).jpg
after





シートの色を変えると、印象がガラリと変わりますね〜!








最後に、別体型ETCのミツバ製MSC−BE21をハンドルに装着いたしました。




CRF250L (1).jpg







取り付けには、デイトナ製のETC取り付けアダプターを使用です。









CRF250L (4).jpg





カスタムをなされると、個性がでてとてもカッコいいですね〜!!


これからも、バイクライフを楽しんでくださいませ。











posted by BSH at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。