2015年02月27日

WR250Rの新車をご納車

先日、WR250Rをご納車させて頂きました。



wr250r (6).jpg





今回、ご納車に合わせてオーナー様と入念にご相談をして、カスタムパーツの装着もご用命頂きました。



その、内容は大きく4つ…


・デルタ バレル4 トルクヘッドパイプ 装着
・IMS ビッグタンク 交換
・ZETA アーマーハンドガード 取り付け
・シート 交換塗装 


…と、このようにバランス良く、全体的に行います。





まず、各部にわたり交換調整をしていくので、車体のパーツを外していきます。




wr250r (8).jpg









はじめに、加工を必要とするZETA アーマーハンドガードから取り付けをいたします。









写真右下のパーツは、ハンドルに固定するものです。






wr250r (7).jpg









この、固定するパーツの「径(太さ)」は、2種類あります。


スタンダードの、22.2と大径バー用の28.6です。
大径バーは別名テーパーバーと言われ、通常より中央部分が太く、丈夫になっています。





今回は、スタンダードバーに取り付けるのですが、将来的にテーパーバーにしても使えるように、インナーカラーを製作しました。





wr250r (10).jpg





実際に合わせながら太さを微調節して…






このように、隙間を埋めます。




wr250r (9).jpg





これで、のちのちファットバーにしても、このクランプパーツは活かせます。






続いて、下の写真、黒いのは、バーエンド用。









wr250r (12).jpg




何に使うのでしょうか??



はい。それは、アーハンドガードを組み付ける際、ガードとグリップの間に隙間ができてしまうのです。



そして。それを、埋めるように専用のカラーを作ります。




wr250r (11).jpg





スロットルグリップ側は、実際に合わせながら太さを微調節します。





すべて、取り付けると、下の写真。

このようになります。








wr250r (2).jpg










IMSビッグタンクの取り付けには、裏面に耐熱シートを貼りました。












wr250r (4).jpg








下の写真は、デルタ バレル4マフラー。トルクヘッド。




カッコよさももとより、歯切れのよい、WR250らしいサウンドです。




サイレンサーも軽量化になり、チューンナップにもなります。








wr250r (3).jpg





とてもバランスのいいカスタムになりました。








wr250r (14).jpg








街乗りから、林道ツーリングまで、バイクをフル活用できそうですね!

これからも、オートバイライフを楽しんでくださいませ。








wr250r (5).jpg




※パーツのスペックなどの詳細は、のちのちアップデートしてまいります<m(__)m>




posted by BSH at 22:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回納車ではとことん細部までこだわりをして頂いた車両となり、大満足です。これからもガンマを含めWRと共にバイクLIFEを楽しんで参りたいと思います!今年もイベントが楽しみですね♪
Posted by ΓとWR ヒョッコライダー at 2015年03月01日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。