2015年05月31日

GPZ900Rキャブレター

GPZ900Rニンジャのキャブレターオーバーホール。

そして、ガソリン漏れ、冷却水漏れの修理をいたしました。


この度は、遠方よりお越しいただき、誠にありがとうございました。
遅ればせながら、ご紹介させて頂きます。


今回ご依頼の内容は、キャブレターから、ガソリン漏れをしているとの事で受け賜わりました。

ガソリンが漏れている場所はフロートチャンバーOリング(ガソリンがたまっている所)。




オーナー様のGPZ900Rは、99年モデル。ゴム部品や樹脂パーツなど、約16年の月日で経年劣化も進んでいました。

なのでそれに伴い、ご要望でキャブレター内部のクリーニング・点検と、その周辺パーツの交換もしました。




まず、キャブレターを外す為に、タンクを取り外します。



さて、4気筒エンジンの場合..


スロットルワイヤーは、4連キャブレターのちょうど真ん中についています。



キャブレターを横にずらしながら慎重に外します。
外した後。各パーツを分解と点検をしていきます。





GPZ900R (1).jpg



キャブレター内部には、樹脂パーツやゴム部品が40か所以上使用されています。
そのパーツを、ひとつひとつ点検し、交換するか否かを判断します。




GPZ900R (4).jpg



各パーツをばらした後、キャブレタークリーナーをキャブレターの内部通路に流し込み、5〜6時間かけて見えない部分を清掃していきます。
CVキャブレター(負圧式)の型式の場合は、内部がとっても複雑。



通路は、髪の毛程のとても細い穴で、しかも見えない所を配管しています。
この、ひとつひとつが正常かの判断にはメカニックの長年の経験が要ります。


〜〜メモ〜〜
キャブレターが詰まると、アイドリング不調や吹けあがりの不調になる。



以上のような点検とクリーニングをして、キャブレターを組み付けをしていきます。

組み付ける際に、ゴム製のジョイントOリング・ホースも交換していきます。




GPZ900R (2).jpg




フロートを組み付けて、フロートの高さ(油面)の点検調整。



写真の樹脂パーツがフロートと言って、フロートチャンバの中で浮き沈みしてガソリンの量を調節しています。


GPZ900R (3).jpg


インレットマニホールドは固くなったり、ヒビが入ったりすると、2次エアーを吸ってエンジン不調の原因になりますので注意が必要です。

今回、エンジン側についているインレットマニホールド(キャブレタホルダ)も交換いたします。




GPZ900R (6).jpg



キャブレターの組み付け後に、同調もとります。


交換作業の途中で、サーモスタット部より冷却水の漏れ(滲み)を確認しました。



GPZ900R (5).jpg




原因は、サーモスタットケースの取り付け部Oリングからの、漏れだったためこちらも交換修理することに致しました。

あわせて、冷却水ホースも硬化している部分を交換。



長年の劣化したパーツを、新品パーツで組み直しをしてすべて完了です



GPZ900R (8).jpg



最後にオーナー様のご要望で、ファスナーで傷ついたタンクを、修正研磨をいたしまして完了となりました。



GPZ900R (9).jpg




キャブレター修理から一連の大きな作業になりましたが、消耗品や経年劣化パーツを新品に一新することで、また長く安心して乗れる事と思います。




これからも、良いバイクライフを楽しんでくださいませ<m(__)m>
posted by BSH at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック