2015年12月17日

NC700Sの車検と整備

NC700Sの車検と整備を受け賜わりました。



今回、車検のNC700Sは当店で新車からお乗りいただいている車両でございます。







NC700 (2).jpg






また、修理カスタム、メンテナンスの履歴を当店で管理をお任せ頂いております車輌ゆえ。

重複した点検を軽減させ、その分、注意すべき点に集中して点検整備を行う事ができます。




この、とどこおりないスムーズな進行で、お預かりからお返しまで1週間ほどで完了致します。




オーナー様のご用命で、オイル交換は「モチュール7100」を入れさせて頂きました。




NC700 (1).jpg








前回から、モチュール7100をご使用になられているのですが、


「ギヤの入りがよくなった」



とのご評価をいただき、今回も同オイルでの交換をいたしました。



そして、車検に応じて点検整備を行いました。



点検内容は、


・エアーチェック
・チェーン調整。給油
などから
・ブレーキオイル交換
・ブレーキパット残チェック
・クラッチケーブル給油
・プラグチェック(イリジウムの為)
・冷却水点検
・灯火類点検

などなど、24ヶ月点検の内容に準じて初回車検ですが各部にわたり

点検、整備を施します。



そして先日から当店でスタートした



ガラスコーティング




を施工させていただきました。






ガラスコーティングとは!?






まず、ガラスコーティングを語る前に、




「なぜ、塗装面の保護が必要なのか??」



っということ。

実は、塗装は金属やPPなどの地肌の上に塗料が重ねてあります。

いわゆる、お化粧の様な感じ。


その塗装は、一般的に4層で成り立ちます。


1.さび止め
2.サフェーサー
3.ベース色
4.クリアー


そのうち、3.ベース色と4.クリアーは紫外線や酸性雨などによってダメージを受けると徐々に劣化していきます。


ひどくなると白く濁ったり、亀裂が入ったりもします。

そのように、ならないように塗装面を保護する必要があります。



そして保護するために、施工するのが「ワックスやコーティング」になるのです。


また、「ワックスやコーティング」には、耐久期間があります。


コーティングの種類別のまとめてみました。



 油性ワックスポリマーコートガラスコーティング
耐久性劣化しやすいやや劣化劣化しない
持続期間2週間〜1ヵ月3〜6カ月
3〜5年



このように、コーティングによって特徴も様々。

油性ワックスは、施工が簡単ですが耐久性は低い結果となっています。
なので、こまめにかける事が必要。

ガラスコーティングには、ガラス成分が被膜をつくるので、
強靭なコーティングに仕上がります。



古いオートバイや、シビアコンディションでご使用の車両など
塗装面の劣化が心配な車両にもオススメです。






車検終了後に、ガラスコーティングを施工させていただきました。


今回、施工させていただいたのが



お試し版 ガラスコーティング



表面の下地処理をしてからコーティングをします。


お試し版には、7%(MAX85%)のガラス有効成分を含んでおり、施工時間も短くお試しにピッタリな施工になります。
180日以上の持続性があり、光沢と超撥水皮膜を形成されます。




NC700 (3).jpg




オートバイの車検点検で中も外も綺麗に仕上がりました!







posted by BSH at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。