2016年05月14日

親切とお節介の境界線とは…〜定期点検とバイク車検のススメ〜

ゴールデンウィークもあっという間に終わり、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 
 5月に入り暖かい日も続き、
ツーリングには絶好の日が続いておりますね。



さて、日々思うことがあります。



それは、



親切とお節介の境界線…




とても難しい。





というのも、当店ではオートバイの車検、修理等を行っております。




その兼ね合いもあり、タイヤの空気圧の調整やオイル交換、


カスタムの相談などオーナー様の車両と触れ合う機会は多々あります。





それは職業柄、人の気づかないところに気づく、


または、気づかなければいけないと言う観点から、

その時、私の目に止まったことは、随時お知らせするように心がけています。




また、タイミング的に、特に車検が近づいてきたり、距離を走っていると、

ブレーキパッドやオイル交換の時期など、交換パーツが必然的に出てきます。修理の会話のなかでお知らせした方が良いかな?

ってところ気遣ったりします。



特に常連のお客様には、人間関係を築いてると思いますので、

 

思ったことや、気づく事はすぐに、お知らせします。











しかし…



もし、初めての来店の方や、



DIYなど、ご自身で整備されてる方などには、



気になったことや、気づいたことを私から言うとなると…



そのことをお客様から




「大きなお世話だよ!」


と言われたりすることがあります。




なので、ちょっと言いづらくなってしまう時もあります。




そう。



考えすぎだよ。
と思われるかもしれませんが、

1人で営業している当店では、
ささいなことでも、相手に気を遣うのが習慣になってしまいます。



よくも悪くもですか…
 

しかし、


これは!


「ノルマより普通に、信頼重視!
っの個人経営のバイクショップ」


に特定される事象かもしれませんが…





ですので、12ケ月点検や車検など、

各部を点検してオーナー様が聞いて頂ける状態の時には、




車両の悪いとこや、将来的に故障しやすい場所なども、



お知らせしやすいと感じます。


そんな双方の心理的な観点から見ても、


定期点検はとても重要。








なので、



原付や250cをはじめ、車検が必要のない車両に限っては、

特にそういう意味を込めて



12ケ月点検や24ヶ月点検の定期的に行う必要があると、


最近は感じております。


はい。





image-62c7e.jpeg
posted by BSH at 22:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | SHOP日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分から治す事も改造はしない人なので・・・問題がある所を言って貰えると有難いです。次の修理課題と検討する材料になります。

ただ・・・お財布と相談になりますが・・・(笑)

オイル交換だけで、静岡〜本庄の往復500kmを走る馬鹿ですから(笑)
Posted by 静岡ナンバーのCB1100 at 2016年05月15日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック