2016年09月30日

バイクパーツの再メッキの依頼を受付いたしました。〜施工期間と料金ってどのくらい??〜

先日、バイクパーツの再メッキ依頼を承りました。

施工するパーツは、ブレーキペダル、シフトペダル、キックアームなど、もともとメッキだったパーツです。


IMG_5611.jpg




パーツは、お客様より一度、もとの表面を剥離してブラスト済み。




これらのパーツを、当店の提携メッキ工場により施工させていただきます。






施工後はコチラ↓














IMG_5616.jpg








厚めのメッキを施工、研磨をしてあるので、
深いピンホール穴はほぼ埋まっております。








IMG_5619.jpg





光が反射してカメラのピントが合いません・・・





IMG_5618.jpg



そして、気になる施工料金。


 再メッキの値段は、施工するメッキ種類や状態。
機械でするか職人によって手作業なのかによってまちまちなところもあります。


ただ、おおまかな感覚だと、

当店の高品質の再メッキの場合、
通常そのパーツ新品の価格と同じくらいが相場のようです。


ですので、既存のパーツを活かしたい時や、
質の高いメッキで統一したい場合などにてき面です。


また、施工の期間ですが、最短で1週間ほど。
イベントなどの期間は3週間くらいが目安です。





mekki.png




70〜80年代の新車の様なピッカピカなオートバイってカッコいいですよね〜。
posted by BSH at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月16日

フォークオイルの交換〜種類について〜


サスペンションオイルの交換って、出来るの知っていましたか??



image/2012-09-16T11:30:54-1.jpg



バイクには色々な所でオイルが使用されていて、各オイルが汚れてきたら交換ができるようになっています!


50ccクラスにもスクーターにはエンジンオイル、ギヤオイル(デフ)、フォークオイル、ブレーキオイル、などがあります。

またトライアンフ、ハーレーなどのミッション別体のエンジンはミッションオイル、プライマリーオイルなど様々な種類のoilが使用されてます!

そして、オイルの硬さも色々あるので、当店ではお客様の要望に沿えるようにリーズナブルな物から、ハイクォリティーなものまで柔軟性をもたせて扱っています〜!

今回フォークオイルの事ですが、フォークオイルって漏れたりしないとなかなか交換するタイミングってないですよね〜。ですか、距離を乗ってくると結構、鉄粉みたいなのが出てくるので汚れてるんです!!

プラス、粘度が落ちてくるのでサスペンション能力が低下してくるのでブレーキングにまで影響してきます!

逆に考えると、ちょっとサスが固いなと思うオフロード車には柔らかめのオイルを。

ハーレーなど重量のあるバイクでサスがフカフカしてるなというとき。その時は、ちょい固めのオイルを入れたりすると、変化を体感しやすいと思いますよ!

なんせ、バイクは自動車などと違い乗車時総重量の3分の1程度を人間の体重が占めるので、サスペンションの性能がライディングを左右します。

という感じで、オイルも色々楽しみながら交換していくと面白いですね〜!
posted by BSH at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月09日

ステムベアリングの交換です!!

ステムベアリングが傷んでくると、ハンドルを切った時にゴロッゴロッと引っかかる様な感触になる事があります。

だいたいその場合は、ハンドル中央に入っているベアリングのグリスが抜けてきてて金属の摩耗が進んでいる状態だと思いますあせあせ(飛び散る汗)


修理としては、ハンドル中央に入っているベアリングとレースを上下セットで交換する事になりますexclamation×2
その際は、次にグリスが切れにくいように耐候性の極圧グリースに入れ替えます!


フレームのネック部分にグリスが出てきてる車両は予備軍になると思いますダッシュ(走り出すさま)


SA3D0640.jpg


SA3D0639.jpg


SA3D0638.jpg

ここの部分がスムーズに動くと、曲がる時に大変運転しやすくなります!!


posted by BSH at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月26日

ブレーキキャリパオーバーホール 。

image/2012-02-26T11:31:46-1.jpg油圧ブレーキのひきずりは、ピストンシールの硬化が進みゴムの慣性力が減少した状態で、ブレーキの油圧が0になったときにコンマ数ミリが戻らなくなることが原因で起こります!
このブレーキパットとディスクのクリアランスはブレンボなどの有名ブランドは特に狭くなりシビアなメンテナンスが必須です!

それなでブレーキのひきずり等がある場合、シールの交換が必要になりますが、ピストンのサビがひどい場合は液漏れや動作不良に繋がるので同時に交換がオススメです!





posted by BSH at 11:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年01月16日

ホイール スポーク交換。

image/2012-01-16T16:48:34-1.jpg

折れたり曲がっていたりさびのひどいスポークだけを交換できます。

image/2012-01-16T16:48:34-2.jpg




image/2012-01-16T16:48:34-3.jpg





image/2012-01-16T16:48:34-4.jpg



左右上下の振れをとってテンションをかけたら完成です。




posted by BSH at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年10月20日

モチュールオイル・アマリオイルの取り寄せ。

モチュールオイル・アマリオイル取り扱っていますexclamation

どちらのブランドも、ハーレーのショベルヘッドに使用されているシングルグレード。BMWのフラットツインで指定オイルの鉱物油というものがあります。どちらも評判は上々です!


通常の国産のバイクや水冷バイクなどのエンジンクリアランスの小さい場合は化学合成オイルを入れると思うのですが、
空冷のビックボアや水平対向のエンジンなどはオイル滲みの対策やコンプレッションの確保の関係で、
鉱物油やシングルグレードのものを入れたりする事があるようですexclamation×2

ですが、鉱物油は使用するエンジンが少なくなってきているため種類がさほど出ていませんが、
アマリオイル・モチュールはミネラルオイル(鉱物油)の種類が多く粘度も微妙な所もあるのでわりと助かる時があると思います。




amari.jpg


posted by BSH at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年09月20日

キャブレターのオーバーホール。

image/2011-09-20T17:07:33-1.jpg

最近のバイクはほとんどインジェクションになっていますが、
まだまだバイクの場合、キャブ車は現役で走っていると思います!

キャブレターはとても精密で小さい部品で成り立っていますので、

小排気量のマルチエンジンのバイクはちょっとした
やオーバーフローでエンジンの不調に繋がる事があります。


また、大排気量の単発やツインのエンジンなどは吸気量が多いためにニードルなどがすり減ったりするようです。

インジェクションと違いキャブレターはコンディションを保つには
メンテナンスが必要になりますが、
特有のダイレクト感やチューニングのしやすさからまだまだファンは多いようです。
posted by BSH at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年09月15日

250ccと50ccのピストン比較。

image/2011-09-15T17:50:13-1.jpg

50ccと250ccのピストンです。
どちらもシングルエンジンのものですが、
50ccの方はパーツが小さいのでオイル交換も少し早めにしないと周りにある
ピストンリングなどにゴミが詰まりやすくなってしまいます。

自動車と比べてオイル交換の交換時期が早いのはそういった理由もあるようです!

タグ:ピストン
posted by BSH at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月14日

エンジンチューニングの方法。

image/2011-08-14T10:11:23-1.jpg

エンジンの中身には数多くの部品で構成されているのですが、
消耗品や定期的に調整を要求される部品もあります。

チューニングというと改造というイメージがつよいですが、
良い状態に戻すという事が本来の意味のようです。


バイクの場合、予算もさほどかからないものが多いので、
多距離や年式の古いものはお薦めです。

エストレアなどクリアランスの大きいエンジンは
アイドリングの不調などがおきるので、分かりやすいと思います!

posted by BSH at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月31日

フォークオイル交換の期間。

image/2011-07-31T10:20:07-1.jpg

バイクのオイルには、『エンジンオイル』『ミッションオイル』『シャフトオイル』『プライマリーオイル』などがありますが、他にバイクにはフォークオイルが入っているものもあります。

意外と忘れがちですが、けっこう汚れるのでたまには交換したほうが良さそうですねっ!
posted by BSH at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする