2015年12月09日

ドカティのマフラーステーをアルミ溶接しました。



先日、ドカティのオーナー様より




「マフラーステーにヒビが入っている」




というご相談をお受けいたしました。




お話をしていた所、ふたつの解決方法にたどり着きました。



・同じ形でステーを作る

・今のアルミステーを溶接し修復、補強する。





ご相談の結果、
後者の「ステーを補強する」という案件として
ご依頼受け賜わりました。






当店での溶接関係は
ご協力頂いている工場で加工してもらいます。





「えっ??お店で溶接はやらないの??」



時々、そんなお言葉をいただきます。







コンセプトは、オートバイのトータルプロデュース





わたしも、過去の職場で「アーク溶接とTIG溶接」の経験は少々ありました。



とはいっても、もちろん餅は餅屋。



なので、溶接を本職として行っている方には
技術・知識とも信頼と尊敬をもっております・・・







また、当店も他分野の専門家の方とコラボすることで、
新しい発見や提案なども生み出されることもあります。




そして、ご協力いただいている工場へ外注することにより分業となって、
専門技術も向上し、コストも抑えられるので
ご利用いただくオートバイユーザーのメリットも大きいといえます。




このように当店は、オートバイユーザーのご相談役として
トータルプロデュースショップをモットーに、
高品質のサービスを提供できるようにしております。






すみません。
というわけで話は戻りまして・・・







今回このような経緯で、
アルミステーを溶接し修復、補強をさせて頂きました。








アルミ溶接 (2).jpg
アフター





ヒビの入っている部分の裏側に、
アルミの板を補強としてはりました。







アルミ溶接 (1).jpg
アフター








オリジナルステーのデザインもそのままに、
強度も増しています。







アルミのバフがけも施工して、
ピカピカに仕上がりました。





posted by BSH at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドカティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月02日

DUCATIモンスター400の車検点検〜コンピューター診断とプラグ交換〜



先日、ドカティ モンスター400の車検をいたしました。





モンスター400 (3).jpg







ドカティ モンスター400の歴史とは…


1994年に登場し、途中休止はあったものの、2008年まで日本専用生産。

車検させて頂いたモデルは最終型。

フレームは赤で、各所がブラックで統一された高級感あふれるバイクです。


・イタリア製オートバイ






ちなみに当車両は、以前に当店でご依頼を受けて探してきた「極上の中古車」!!


良い車両が見つかって良かったです。







さて、




今回の車検は、走行距離も少ないため、
通常整備をさせていただきました。





モンスター400 (6).jpg




まずは…


ブレーキオイル、クラッチオイルの交換とエアクリーナの清掃。



プラスチック、ゴム系の劣化がみられたのですが、
今回は交換しないで対策補修を施しておきます。

モンスター400 (1).jpg


プラグも、 NGKイリジウムプラグ DCR8EIXに交換。




その後、チェーン調整やブレーキ清掃、エンジン音のチェック、他各種グリスアップ、増し締め、をいたします。






そして、コンピューター診断。



モンスター400 (4).jpg





バッテリーの充電状況や各センサーの状態をチェックができます。



モンスター400 (1).jpg




さらに、高回転域からの加速が、少し弱いということで念のために「スロットル調整」。




モンスター400 (7).jpg






最後に、車検を取り、キレイに仕上げて完了です。







モンスター400 (5).jpg






いまでは貴重な最終型M400。

これからも、バイクライフを楽しんでくださいませ。






posted by BSH at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドカティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月26日

ドカティモンスターS4のエンジン始動不良〜故障トラブルシュート〜

先日、わたくしのモンスターS4がエンジントラブルになりましたので、トラブルシュートしました!!



ある日のこと…

My BikeのモンスターS4にしばらく乗っていなかったので、ちょっと様子が心配になりました。


 
放置期間、およそ2カ月!?



エンジンをかけてみようと…


バッテリーは、たまに充電をしていたのでOKです。


しかし、なんか嫌な予感が。

様子をうかがうようにセルのボタンをプッシュ




キュル、キュル、キュル〜!

キュル、キュル、キュル、キュル〜!!

キュル、キュル、キュル、キュル〜!!






エンジンがかかりません…



プラグに火が飛んでない様な感じ…


「乗っていないのに故障する事ってあるんだなー。」

と思いふけります。



でも、想定の範囲内です。キリッ!




その日は、あまり時間が無かったので、後ほど診ることにしました。




数日後…




とりあえず、前回に故障したちょっと怪しいダイレクトイグニッションコイルを診断しようと、テスターをつなぎます。



s-01445b3eb20651c3bcff83c6db369d387142b16443.jpg



テスターを接続すると、アクチュエータ系(ファン、コイル、インンジェクターなど)を故意に動かす事ができるのです。
そして、過去のエラーのチェックもできます。



実はテスターの接続部分は、他の外国車とも共通しています。




s-019d07477332c4fcd73879052e8eeaa607e307a934.jpg




そして、パソコンに車両データを読み込ませると…





なんと、エラーが入っていました!!






s-無題.jpg





「エンジンrpmセンサーの不良」と出ています。




ということで、rpmセンサーの位置を確認。




s-01d89f8783964c886a5635b3e6d0cff0d660a78621.jpg





まずは、センサーの外観で損傷が無いかチェック。



OK。





そして、センサーから出ている配線の断線やカプラーをチェック…



カプラーに腐食を発見!!



ここの部分の接触不良で、rpmセンサーにエラーが出ていたようです。




おそらく、雨やほこりなどが、カプラーに入り込んで腐食につながったのでしょう。



端子を綺麗に磨き、あらためて接続すると、
わたしの不安とエラー表示は消えました。



ついでに、イグニッションコイルと、ファンモーターの作動をチェックして終了。






これにて、無事にエンジンをかける事が出来ました!!!
やっぱり、なおったら走りに行きたくなりますね〜手(グー)





トラブルシュートのご参考になれば幸いです!!














posted by BSH at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドカティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月13日

サンドブラスト加工!!〜ドカティマスターシリンダー〜

こんにちわーexclamation×2


先日、お客さまからサンドブラストのご依頼がありました!!
バイクレストアなどでよく聞く「ブラスト」ですが、今回ちょっと紹介いたしますexclamation×2


「サンドブラスト」とは…
レストアや塗装の下地などに使われる「サンドブラスト」。
サンド(研磨材)を高圧の空気で吹き付けて、塗装をはがしたり、梨地仕上にしたりする表面処理方法です。



IMG_1275.JPG



塗装が腐食していたのですが、細かいところまで、スッキリ綺麗になりました晴れ




posted by BSH at 18:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドカティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月14日

ドカティモンスターS4のウォーターポンプ水漏れの修理!!

以前に、わたくしの乗っているモンスターS4の冷却水の漏れの修理をしました。

その時はウォーターポンプの合わせ面から漏れていまして、
原因としてはウォーターポンプのカバー金属面の腐食によって隙間が出来てしまっていたようです。

へこんでいるカバーの合わせ面と自分の心(笑)をパテで埋めて修理をしました!!



SA3D0724.JPG



SA3D0722.JPG



その後何ヶ月かして、『なんかガソリン臭いぞっ!』ってことで見たら、ホースの劣化で亀裂が入っておりイグニッションオンでホースに圧がかかると漏れていた模様たらーっ(汗)

そして、タンクからインジェクションにつながる2本のインジェクション用耐圧ホースを交換しましたexclamation×2バンドも少し改良して食い込みにくくして・・

ついでに、ベルトカバーも色があせていたので、つや消しのブラックに塗装して少しテンションをあげつつ完了exclamation



SA3D0796.JPG


っとそれからしばらくは何事も無かった(細かいトラブルはありましたがー(長音記号1))のですがまた出てしましたexclamation


先日、ブラット秩父までひとりで走って来たのですが帰って来てヘルメットを脱ぐと、プーンと甘いイヤな香りがどんっ(衝撃)下を見ると案の定、ぽたぽたと地面に水がしたたり落ちてるではありませんかー(長音記号1)どうやら今度はリザーバタンク付近の冷却水のホースからっぽいです。というかホースであってほしい手(グー)



image.jpg






う〜ん、10年も前のバイクなので最近、あっちこっち不具合がでてきますが、走っている時のバイクや景色などのフィーリングには替えられませんexclamation×2とわたしは思いますあせあせ(飛び散る汗)


どうやら児玉〜秩父線のイチョウなどの紅葉が色付きピークっぽいです!!是非行ってみて下さい!





posted by BSH at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドカティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月24日

モンスターS4の始動不良〜トラブル解決&ツーリング後記〜


いやはや,先日のツーリングお疲れさまでございましたexclamation×2

今日になってやっと肩と内ももの筋肉痛がとれました!!

しかし、自身でも合計走行距離が200キロ越えのツーリングは久々でした。

結構心体的にこたえます…

しかし、帰って来たときの言葉にはならない爽快感は格別なものでした晴れ

道中、あまりの濃霧のため、メンバーがはぐれてしてしまうというハプニング。
一時は何が起きたか分からずパニクりましたが下山して霧が晴れととこれで連絡を取り合いなんとか最後は無事合流できホットしましたexclamation

霧が濃い時は、数台に囲まれている気分で『やっぱり、こういう時は単独ツーリングじゃこころぼそいな〜』と思っていたのですが霧が晴れていくにつれ前方にもバックミラーにも何も写らず『あれっ、一人じゃん!!』ってな感じでしたあせあせ(飛び散る汗)

そして最後の高速でのサービスエリアで、な、な、なんと私のドカティがエンジンがかからないというプチハプニング!

その旨はみなさまにご迷惑をおかけしてしまいましてあらためてみなさまの器の大きさを感じましたあせあせ(飛び散る汗)
どうもお騒がせしましたバッド(下向き矢印)

原因は、スターターリレーの接触不良だったようですたらーっ(汗)

無事解決!!


そしてその後の天気は良好で気持ち良い帰路に向かいました。
そして、みなさんに『また晴れてもそうで無くても行きましょう』と声をかけていただき
改めて今回のツーリングも良かった喜んで頂けたかなと実感しましたexclamation&question




image/2012-07-24T18:27:44-1.jpg


posted by BSH at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドカティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月01日

DUCATI モンスターs4 冷却水漏れ修理。



モンスターs4ウォーターポンプカバーから

冷却水が漏れていたため、修理をしましたexclamation×2




わたしの想像では…




「ガスケットが古くなって漏れ始めたのかな?」




と勝手に想像していたのですが…




開けてみて少々驚きましたあせあせ(飛び散る汗)







カバーのフチが腐食して穴が空いていたのです雨







SA3D0671.JPG






さらに、LLCの交換をソートーしていなかったようで、


冷却水もほぼ透明・・&白いゲル状の物が漏れていた付近に溜まっている!




とりあえず、カバーとクランクケース側のゆがみが無いかcheck。




そして、合わせ面の面取りをしてみたところ、

なんとか穴をパテ埋め出来そう。






修正してみる事にしました。




SA3D0675.JPG







エンジン側とカバーの腐食した穴をよく洗浄した後、

耐熱のパテを埋め込んで平に削って完了!!









パテ埋め.jpg







ついでに、チジミ塗装のブラックを施しまして取り付けて終了晴れ









塗り.jpg















完成.jpg




エンジンの一部を色替えすると高級感が出ますねexclamation×2















posted by BSH at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドカティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする