2016年06月29日

ヤマハ/MTー09の中古車をご納車いたしました。

先日、ヤマハ MTー09の中古車をご納車いたしました。


車両は、2014年(平成26年)走行距離は「47km」という、
程度の良い極上中古車です。





そして今回、オーナー様のご用命により、
納車前にETC、スクリーン、エンジンプロテクターなどのオプションを装着させて頂きました。





スクリーンは、ヤマハ ワイズギヤにも掲載している、
MRAスクリーン ツーリングスモークを装着。





IMG_4794.jpg




スモーク色の濃さと高さが絶妙ですね。







次に、MT09はリコールサービスキャンペーンが対象になっていたので、
クラッチを分解して、アームの交換も致しました。





IMG_4772.jpg




エンジンオイルも交換してリフレッシュです。







ETCはMSC-BE51。別体型の機種です。





実は、



当店のETCの取り付け方は、「こだわり」があります。




まずひとつ目に、布テープの使用。




ハンドルを切る時に、擦れる所には、ドイツ製布テープを巻きます。





IMG_4790.jpg




これは、ビニールテープより、耐久性が高く、こすれに強いのです。


BMWなどヨーロッパ車には、このテープが使われています。






そして、エンジン付近を通る配線には、耐熱グラスファイバーチューブを。




IMG_4784.jpg


コネクタをつける前に、配線コードにかぶせていきます。

エンジンの熱により配線が硬くなるのを防ぎます。



IMG_4786.jpg






また、長期間で腐食しがちな配線接続部(ギボシ端子)にもこだわりがあります。


実は当店では、ギボシ端子に一般的に使われているギボシ端子は使いません。


IMG_4789.jpg
左が当店仕様のギボシ。




すこしコストは上がりますが、メッキ端子にする事で、耐久性がUPしています。



このような、外からはまったく見えない所でも、手間を惜しまず、こだわりを持って製作加工します。


こうすることで、少しでも長く安心してオートバイを楽しんで頂けると、わたしは考えています。






そして、納車整備にあたりブレーキオイルの交換、チェーンの調整などなど、
年式距離共に少ないのですが、油種類は全て効果に足しました。



その他、24ヶ月点検の項目をこなして完了です。



また現在、ETCは購入助成キャンペーン中なので大変お得に装着もできました。




これからも、オートバイライフを楽しんでくださいませ<m(__)m>


posted by BSH at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月25日

ヤマハTW200の中古車をご納車させて頂きました。〜空冷OHC単気筒エンジンとは??〜

先日、ヤマハ TW200 の中古車をご納車させて頂きました。
遠方からのご来店、まことにありがとうございました。



TW200 (2).jpg



オーナー様のご要望により、程良いカスタムで状態の良好なTW200の中古車を探してまいりました。

そして、程良いカスタムTW200のご納車前に、当店の特徴でもある入念な中古車整備を。



今回その一部を、ご紹介させて頂きます。




その点検整備項目とは??


・タイヤ点検
・チェーン交換
・スプロケット交換
・ブレーキパット点検清掃
・ブレーキオイル交換
・エアクリーナー清掃
・スパークプラグ交換
・エンジンオイル/エレメント交換
・バッテリー交換(必須)
・キャブレターのオーバーホール(必須)
・ワイヤー系 点検交換グリスアップ
・ブレーキパット点検交換




などなど…
広範囲にわたり行いました。








まずは、キャブレターのオーバーホール(分解清掃、調整)。




TW200 (6).jpg





中古車の場合、長年の汚れやクリアランスの狂いも出てきます。


また、キャブレターのO/Hをすることで、始動性の向上・アイドリングの安定・エンジンの拭け上がりの向上 が改善されます。









TW200 (4).jpg






エンジンのかかりが悪い時は、キャブの通路が詰まりが原因のことも。
なので、キャブは入念にチェックをします。




次に、バルブクリアランスの調整。







TW200 (5).jpg






空冷シングルエンジンのバルブクリアランスは、経験上ズレてることが多々ありますので念入りに調整。
TWのエンジンは、OHC単気筒エンジン(シングル)ですので、調整はINとEXの2箇所になります。










空冷OHC単気筒エンジンとは?


オートバイ特有の形式である単気筒エンジン。単気筒とは、ピストンが1つという事。
その特徴は、エンジンフィーリングにあらわれる。
スロットルを開けると「ドコドコ」とピストンの動きがライダーに伝わってくるのだ。
また、力強い低速トルクも魅力的だ。



singl.jpg

そしてOHCとは、オーバーヘットカムシャフトの意味。つまり、ピストンの上にカムシャフトが一本あること。
なので、単気筒の場合吸気と排気の2本のバルブ(タペット)が配置される。
そのエンジンを、走行風で冷却するのを「空冷」という。


代表される車種
SR400、テンププター400、セロー250、XR230など










エンジンオイルとエレメントを交換。エレメントには、鉄粉やゴミがたくさん付いていました。






TW200 (9).jpg








こちらも、新品に交換。
今回は、キジマ製のTW200用エレメントを使用しました。










TW200 (1).jpg








続いて、フロントスプロケットを点検したところ摩耗が進んでいたので、こちらも交換いたしました。


あわせて、チェーンをノンシールチェーンからシールチェーンに交換。









TW200 (8).jpg





シールチェーンは、グリスがシールで封入されています。その結果、金属摩擦が少なく、チェーンが伸びにくくなっています。

今回オーナー様は、神奈川県の方。なので、メンテナンス期間をできるだけ伸ばすよう心がけて、パーツのチョイスをいたしました。



最後に、足回り ブレーキのピストン清掃、サスペンションのグリスアップや配線系の点検をして完了となります。








TW200 (3).jpg



納車記念に、当店オリジナルの「手作りキーホルダー」をプレゼントいたしました。









当店ではこのように、バラつきのある中古車輌のコンディションを「一定のラインまで上げていく」為、
状態を念入りにチェックをして、必要部品の交換をいたします。



それは、とても時間と労力を費やします。
しかし、「乗って楽しいバイクに仕上げる為」には変えられません。










TW200 (2).jpg





シートのカラーリングも一新して、まさに内も外もパリッとなりました!


これからも、バイクライフを楽しんでくださいませ<m(__)m>



posted by BSH at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月10日

ドラッグスター250のエンジンオイル交換をしました。~白いエンジンオイルの原因とは・・~

先日、ヤマハドラッグスター250のオイル交換をいたしました。



ds250 (2).jpg

今回、リコールのご依頼で、ホーンの交換で入庫いたしました。


その際、オイルを確認したところ、前回交換時から1500kmでした。しかし今回、交換する事に致しました。



いっけん、1500kmというと少ない距離に感じます。

しかし、オイルの状態を確認したら、白濁していたので交換する事に致しました。





ds250 (3).jpg



白濁する原因とは・・・


 エンジンオイルは、普段はエンジンの下部分のオイルパンという部分に、溜まっています。
そして、エンジンを始動すると、オイルポンプによりエンジン各部とミッションを潤滑します。

エンジンが温まると、エンジン内に水蒸気が発生します。冬に時期はとくに発生しやすいです。

これは、家の中の窓ガラスに結露して水滴がたまるのと同じ原理です。

通常、エンジンが完全に温まるとこの水蒸気は、ブリーザーパイプを通って、外気に放出されます。

しかし、温まる前にエンジンを止めてしまうと、この水滴はエンジンオイルに落ち、混ざる事になります。

つまり、短距離を繰り替えし運転するスタイルの方に、置きやすい現象になります。




このような事から、エンジンオイルも距離や年数での交換時期の他に、
実際に目視して「汚れ」を確認する方法が適切と言えるでしょう。






ds250 (1).jpg




ドラッグスター250の場合は、右下にオイルの確認窓が付いているので、ココで確認できます。



オイルゲージが付いている車両は、白いオイルが付いていたら、この事を思い出してくださいね。





タグ:オイル交換
posted by BSH at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月27日

WR250Rの新車をご納車しました〜デルタマフラー・ビッグタンクなど取り付け〜

先日、WR250Rをご納車させて頂きました。



wr250r (6).jpg





今回、ご納車に合わせてオーナー様と入念にご相談をして、カスタムパーツの装着もご用命頂きました。



その、内容は大きく4つ…


・デルタ バレル4 トルクヘッドパイプ 装着
・IMS ビッグタンク 交換
・ZETA アーマーハンドガード 取り付け
・シート 交換塗装 


…と、このようにバランス良く、全体的に行います。





まず、各部にわたり交換調整をしていくので、車体のパーツを外していきます。




wr250r (8).jpg









はじめに、加工を必要とするZETA アーマーハンドガードから取り付けをいたします。









写真右下のパーツは、ハンドルに固定するものです。






wr250r (7).jpg









この、固定するパーツの「径(太さ)」は、2種類あります。


スタンダードの、22.2と大径バー用の28.6です。
大径バーは別名テーパーバーと言われ、通常より中央部分が太く、丈夫になっています。





今回は、スタンダードバーに取り付けるのですが、将来的にテーパーバーにしても使えるように、インナーカラーを製作しました。





wr250r (10).jpg





実際に合わせながら太さを微調節して…






このように、隙間を埋めます。




wr250r (9).jpg





これで、のちのちファットバーにしても、このクランプパーツは活かせます。






続いて、下の写真、黒いのは、バーエンド用。









wr250r (12).jpg




何に使うのでしょうか??



はい。それは、アーハンドガードを組み付ける際、ガードとグリップの間に隙間ができてしまうのです。



そして。それを、埋めるように専用のカラーを作ります。




wr250r (11).jpg





スロットルグリップ側は、実際に合わせながら太さを微調節します。





すべて、取り付けると、下の写真。

このようになります。








wr250r (2).jpg










IMSビッグタンクの取り付けには、裏面に耐熱シートを貼りました。












wr250r (4).jpg








下の写真は、デルタ バレル4マフラー。トルクヘッド。




カッコよさももとより、歯切れのよい、WR250らしいサウンドです。




サイレンサーも軽量化になり、チューンナップにもなります。








wr250r (3).jpg





とてもバランスのいいカスタムになりました。








wr250r (14).jpg








街乗りから、林道ツーリングまで、バイクをフル活用できそうですね!

これからも、オートバイライフを楽しんでくださいませ。








wr250r (5).jpg




※パーツのスペックなどの詳細は、のちのちアップデートしてまいります<m(__)m>

続きを読む
posted by BSH at 22:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月16日

TW200の中古車をご納車いたしました〜納車整備の内容〜

先日、ヤマハ TW200 の中古車をご納車させて頂きました。





TW200 (3).jpg






今回、TW200の納車にあたり、納車整備をさせていただきました。


レストアに近いくらい、さまざまな整備をしましたので、一部ご紹介をさせていただきます。






BikeShopHoriの、納車整備とは・・・


当店は、ご存知の通り中古車は在庫では多く取り扱っていません。

その理由には、「納車整備」が第一にあります。

それは、ほとんどの中古車の場合、必ず「前オーナーの維持の仕方」が車輌の良否を変えてきます。

保管であれば、屋内や屋外なのか。乗り方であれば、通勤か趣味か。ロングツーリング派かショート派か。メンテナンスはショップか、DIYか。など、さまざまな条件があります。

ですので、当店ではそのバラつきのある車輌のコンディションを「一定のラインまで上げていく」為に、時には内容の濃い納車整備をいたします。

基本的にする作業には…

・オイル漏れ修理
・ベアリング点検 修理
・バッテリー交換(必須)
・エアクリーナー点検 交換
・プラグ交換(必須)
・キャブレターのオーバーホール(必須)
・ブレーキパット点検交換
・タイヤ交換(残80%以下または、ヒビがある場合)
・ワイヤー系 点検交換グリスアップ
・チェーン点検 交換
・エンジンオイル エレメント交換(必須)
etc


などなど、内容の濃い点検整備をしています。これにより、中古車でもそのバイクのポテンシャルを最大限に引き出すことができるのです。
また、中古車の場合「新車の状態を知らない」で乗ることがよくあります。
「本当に乗って楽しいバイク」に仕上げることも意識して整備を行っています。

一台一台バイクを徹底的に仕上げているのです。









まずは、キャブレターのオーバーホール(以下、O/H)です。






キャブ.jpg




キャブレターのO/Hをすることで、始動性の向上・アイドリングの安定・エンジンの拭け上がりの向上 が改善されます。



次に、ステムベアリングの交換。





TW200 (7).jpg





 ココは、ハンドルの動き・操作に直結する部分です。




TW200 (6).jpg




ベアリングに、「ガタがある」または、「動きが悪い」場は、
セルフステアの妨げになります。


セルフステアは、オートバイにとって超重要と考えています。

ここを改善すると、山道などの「ワインディング」がもっと楽しくなります。





エンジンでは、バルブクリアランスの調整をします。



バルブクリアランスは、エンジンを動かしていると必ず狂いが出てきます。

これは、現在のレシプロエンジンでは必ずある、きっても切り離せない重要な所です。





バルブクリアランス.jpg





バイクの場合は、無調整油圧タペットいがいでは、どのバイクも調整が必要です。


調整をすることで、「暖気後のパワー不足」「アイドリング不調」などが改善されます。







そして、スポークの交換。





TW200 (8).jpg






一旦バラバラにします。






TW200 (9).jpg





スポークを交換し、リムバランスを整えてタイヤを組み付けます。





今回、オーナー様のご要望で、リムをブラックにペイントもさせていただきました。





s-IMG_0239.jpg







リヤのホイールも同様に、組み付けスポーク調整をいたします。






TW200 (2).jpg








それに合わせて、燃料タンクもブラックに塗装いたしました。







TW200 (1).jpg







塗装後に、表面の凹凸を取りバフがけもします。







TW200 (5).jpg








最後に、足回り ブレーキのピストン清掃、サスペンションのグリスアップや配線系の点検をして。







TW200 (11).jpg






以上で、完了となります。


当店ではこのように、納車整備をくまなく行っています。
※もちろんご予算の都合にも、対応いたしておりますので、お気軽にご相談ください。










TW200 (4).jpg










カラーリングも一新して、まさに内も外もパリッとなりました。





これからも、バイクライフを楽しんでくださいませ<m(__)m>
















posted by BSH at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月28日

WR250XにZERO-G(ゼロG)製ヘッドライトカウルを塗装&装着しました!!

先日、WR250X用の

ZERO−G(ゼロG)製ヘッドライトカウル


塗装&装着いたしました。






WR250X (5).jpg








お客様とご相談をいたしまして、ブラックとホワイトのツートンカラーに
塗装させて頂くことにしました。









カラーの配色は、


純正のカラーリングをモチーフ


に、前面部は、ゼッケンプレートの形にいたしました。











WR250X (6).jpg











ゼッケン部分のホワイトは、ステッカー風の色になるように、何度も色を調節。

その後、ブラックを入れていきます。











WR250X (1).jpg














最後に、ヤマハ純正のロゴデカールを貼って、
完成となります。














WR250X (3).jpg











今回、ブラックだったフォークガードも同色のホワイト
塗装いたしました。













WR250X (2).jpg













こちらも、ヤマハのロゴを入れさせていただきました。
















WR250X (4).jpg









カラーリングも純正カスタムの様な仕上がりでカッコいいです!!


posted by BSH at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月19日

トリシティ125 入荷しました!!〜TRICITY 125ブラック〜



今話題のトリシティ125





みなさんは、もうご覧になりましたか??











いよいよ、当店で入荷しました〜!!









色はブラックです!








s-IMG_4793.jpg







デカイっ!!





っというのが、最初の印象ではないでしょうか!?


  






次に気になるのが…









「乗り心地の方は??」








ということですよね!?











わたしが、以前に試乗してきたインプレブログです。。









接地感が、2輪よりつよいので乗り心地も、ガッチリした印象がありました。






参考になれば幸いです。












s-feature03_001[1].jpg















カラーラインナップは、ブラック レッド ホワイトの全3色

















トリシティ125.jpg





トリシティ125356,400円 [消費税8%含む](本体価格 330,000円)










是非、実物をご覧になってくださいませ〜








※乗り出しは別途、自賠責保険9,510円(12カ月)、登録代手数料2,800円、納車整備手数料、3,800円がかかります。


詳しくは、店頭にてお問い合わせください。







今なら、当店オリジナカービングキーホルダープレゼント!!







ps







バイク用品ブログ更新しました〜!!







新商品の入荷情報です!


 是非ご覧くださいませ<m(__)m>


posted by BSH at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月23日

ヤマハ ドラッグスター250 クラシックエディションをご納車いたしました!!




先日、ヤマハ ドラッグスター250の新車をご納車させて頂きました!!




DSC_0160.jpg




まことにありがとうございます。




実はドラッグスター250 は設定が2つあります。

通常のバージョンと、クラシックエディションという特別バージョンです。






なにが違うのでしょうか?




はい。そこで、いくつか特徴をあげてみました。




クラシックエディションの主な特徴は??




まずは、ボディーカラー。

ボディーには、専用カラーのホワイトブルーのツートンカラーを施してあります。
タンクにはゴールドのエンブレムが輝いています。





DSC_0167.jpg














そして、エアクリーナカバーにも、カラーリングしてあり、中心には DORAG STAR CLASSIC EDITION の文字が入ります。






DSC_0171.jpg












そして、シートの色もブラウン。




DSC_0156.jpg



とてもオシャレです。











そして、ドラッグスターは共通装備でクロームメッキを、あらゆる所にふんだんに施してあります。




DSC_0173.jpg



クロームメッキが多いことで、夕暮れ時などの暗くなった時の走行シーンでは、景色と光がオートバイに映り込み、幻想的な気持ちを味わえるでしょう。

オートバイの楽しみで、ここは重要ですね。











さらに、ドラッグスター250は、シート高も670mm
(ちなみにSR400は、790mm)

車重も160kgと比較的軽く、かつ低重心でとても扱いやすいオートバイに仕上がっています。





DSC_0164.jpg









これから、バイクの乗りやすい季節になります。

是非、楽しいバイクライフを送ってください。


posted by BSH at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月22日

トリシティ125の試乗記…そしてインプレ。〜ヤマハTRICITY125の特徴〜



高性能とは…安心感である…


わたしは、素直にそう感じた。





 
それは、先日開催された、販売店向けの試乗会





tricty (3).jpg




わたしは、今年9月にヤマハから発表されるトリシティ125にのってきた。






トリシティ125は、いわゆる「3輪バイク」だ。







tricty (4).jpg












3輪といえば、ホンダの市販車「ジャイロ」を連想する方も少なくないだろう。








しかし、トリシティ125との大きな違い「前輪が2輪」と言うことである。










その、大きな違いとは??












特徴を分けてみてみる…






 
2輪(ジャイロ)の場合

荷台の下にタイヤが2つあるのでたくさん荷物を積んでも安定感がある。配達などに使われる事がおおい。 働くバイクと言える。





二輪の場合

ブレーキや旋回時にとても負担のかかる前輪。
それを2輪にすることで、石畳や悪路でもハンドルが取られにくい
同時に、発進や停止時にふらつきが少なくなるので、コーナーリングもグリップ力が上がり安定感があるのだ。


 





 
このように「前輪が2輪」というとで、
今までのオートバイとは別モノの特徴が出てくるといえる。








tricty (1).jpg





前回、当ブログ内のボルトの紹介で、



「ヤマハのハンドリングは扱いやすい」



と定評があると書いた。






それは「ハンドリングのヤマハ」異名をもっているほどだ。






R1などのスーパーバイクからアメリカンタイプのオートバイまでが、
ヤマハの精密な計算から運転しやすいハンドリングをいつも生み出している。





今回のトリシティ125は、その集大成とでも言わんばかりだ…







tricty (2).jpg











実は、高性能オートバイはとても乗りやすい…

だから、安全に速く走れる。




と言えるのではないだろうか。









オートバイ雑誌でも有名である「ネモケン」こと、根元健さんはこう言っている。


 


 
〜〜以下ヤマハホームページより引用〜〜

'80年代にかけてコーナリングをスポーツとして多くのライダーが楽しむようになった時代に、「ハンドリングのヤマハ」がメーカーのイメージとして語られていたのを記憶されていると思う。その真っ只中で楽しみ方を伝えてきた側として忘れられないのが「ヤマハらしさ」だ。

〜中略〜


その「ハンドリングのヤマハ」から誕生した新しい次元のハンドリングを目指した「トリシティ」。


根元健


 











今秋、注目な1台であることは間違いないだろう。








tricty.jpg




トリシティ125  356,400円 [消費税8%含む](本体価格 330,000円)









ps


BSHキャンプミーティング、おかげさまで無事に終了いたしました〜(^v^)
ありがとうございますっ!!
結果、榛名湖から永井食堂までのプチツーリングも予定通り行いました。


榛名湖の道中には、超〜濃霧の中の走行もありました!

そして、その後ゲリラ豪雨なども(汗


ですが、二日目には前日の天気が嘘のように晴天に恵まれ、気持ちのいいツーリングになりました!
詳細レポは、後日お伝えしたいと思います〜。


posted by BSH at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月14日

ヤマハのBOLTボルトをご納車いたしました!!


先日、ヤマハのBOLTボルトをご納車させていただきました。



DSC_0058m.jpg






そして今回、当店でETCも装着




ワイズギヤからオプションで、専用のETCケースがでているので、
自然でキレイに装着できました!!



DSC_0084.jpg







ボルトとは…??



今年からヤマハに加わった、最新のアメリカンクルーザーです。



ツイン950ccの排気量で、中低速で最強のトルクを引き出します



DSC_0075.jpg




マフラーからは、ドロンドロンと超重厚ながらも、なめらかなエキゾーストサウンドを堪能できます。





そしてサウンドだけではありません!!






設計フレームによりライディング中でも、心地よい鼓動をライダーに伝えることが可能。






DSC_0071.jpg







イールベースは 大きい車体ながら、1,570mmと短めに設計。


これにより、ワインディングでも軽快感のあるハンドリングはもちろん、
ごく低速走行の市街地でも安定して扱いやすくなっています。







見た目以上に軽快に走れるという「ヤマハならではのハンドリング」ではないでしょうか。








装系も、デジタルメーターやLEDテールライトを採用するなど、カスタム感あふれる、現代にマッチしたつくりとなっています。







DSC_0069.jpg





さらに、現在ぞくぞくとカスタムパーツの開発が進んでいるので、自分だけのスタイルに楽しく仕上げていけます。
今後、注目のバイク間違いないですね!!







DSC_0079.jpg





PS



当店の「ツーリング掲示板」を更新いたしました〜!!

どうぞ、こちらものぞいてみてください!(^^)!



posted by BSH at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする