2015年05月31日

GPZ900Rニンジャのキャブレターオーバーホールとガソリン漏れ〜冷却水の漏れ修理〜

GPZ900Rニンジャのキャブレターオーバーホール。

そして、ガソリン漏れ、冷却水漏れの修理をいたしました。


この度は、遠方よりお越しいただき、誠にありがとうございました。
遅ればせながら、ご紹介させて頂きます。


今回ご依頼の内容は、キャブレターから、ガソリン漏れをしているとの事で受け賜わりました。

ガソリンが漏れている場所はフロートチャンバーOリング(ガソリンがたまっている所)。




オーナー様のGPZ900Rは、99年モデル。ゴム部品や樹脂パーツなど、約16年の月日で経年劣化も進んでいました。

なのでそれに伴い、ご要望でキャブレター内部のクリーニング・点検と、その周辺パーツの交換もしました。




まず、キャブレターを外す為に、タンクを取り外します。



さて、4気筒エンジンの場合..


スロットルワイヤーは、4連キャブレターのちょうど真ん中についています。



キャブレターを横にずらしながら慎重に外します。
外した後。各パーツを分解と点検をしていきます。





GPZ900R (1).jpg



キャブレター内部には、樹脂パーツやゴム部品が40か所以上使用されています。
そのパーツを、ひとつひとつ点検し、交換するか否かを判断します。




GPZ900R (4).jpg



各パーツをばらした後、キャブレタークリーナーをキャブレターの内部通路に流し込み、5〜6時間かけて見えない部分を清掃していきます。
CVキャブレター(負圧式)の型式の場合は、内部がとっても複雑。



通路は、髪の毛程のとても細い穴で、しかも見えない所を配管しています。
この、ひとつひとつが正常かの判断にはメカニックの長年の経験が要ります。


〜〜メモ〜〜
キャブレターが詰まると、アイドリング不調や吹けあがりの不調になる。



以上のような点検とクリーニングをして、キャブレターを組み付けをしていきます。

組み付ける際に、ゴム製のジョイントOリング・ホースも交換していきます。




GPZ900R (2).jpg




フロートを組み付けて、フロートの高さ(油面)の点検調整。



写真の樹脂パーツがフロートと言って、フロートチャンバの中で浮き沈みしてガソリンの量を調節しています。


GPZ900R (3).jpg


インレットマニホールドは固くなったり、ヒビが入ったりすると、2次エアーを吸ってエンジン不調の原因になりますので注意が必要です。

今回、エンジン側についているインレットマニホールド(キャブレタホルダ)も交換いたします。




GPZ900R (6).jpg



キャブレターの組み付け後に、同調もとります。


交換作業の途中で、サーモスタット部より冷却水の漏れ(滲み)を確認しました。



GPZ900R (5).jpg




原因は、サーモスタットケースの取り付け部Oリングからの、漏れだったためこちらも交換修理することに致しました。

あわせて、冷却水ホースも硬化している部分を交換。



長年の劣化したパーツを、新品パーツで組み直しをしてすべて完了です



GPZ900R (8).jpg



最後にオーナー様のご要望で、ファスナーで傷ついたタンクを、修正研磨をいたしまして完了となりました。



GPZ900R (9).jpg




キャブレター修理から一連の大きな作業になりましたが、消耗品や経年劣化パーツを新品に一新することで、また長く安心して乗れる事と思います。




これからも、良いバイクライフを楽しんでくださいませ<m(__)m>
posted by BSH at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月05日

カワサキGPZ1000RX用ハーフカウルを塗装&セッティング致しました!!〜カスタムペイントの工程とは〜


先日、カワサキGPZ1000RX用ハーフカウルの塗装&組み付けをさせて致しました。






フロントカウルの裏表含む、全塗装になりました。







GPZ1000RX (6).jpg














使用させていただいた、ハーフカウルのメーカーは、STING R&D FRP製 です。





GPZ1000RX (7).jpg







バイクの塗装ってどんな工程なの??





 …っと言うふうな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。




ですので、今回ご依頼をいただいた塗装の工程を、
抜粋してご紹介させて頂きたく思います。








まずは、素材の下地を作りから・・・






実は、素材のFRPはよく見ると、下地の素材に無数のピンホールがあいていたり、製作工程のバリなどが残っています。

まずこれを念入りに修復していきます。










GPZ1000RX (8).jpg








下地処理を済ませて、一度サフェーサーを塗ります。


ここでも、再度発見したピンホールや小キズをパテで修復していきます。








GPZ1000RX (9).jpg











時間をかけて入念に下地をつくった後…




上塗りの色を入れていきます。









GPZ1000RX (10).jpg







今回、サイドのデザインは、



純正色のメタリックラインを入れ、「GPZ」のデカールも付けて、仕上げをいたしました。














GPZ1000RX (11).jpg









こうして、何度もなんども、重ね塗りをして…




ようやく最後に「クリア」を塗装します。











GPZ1000RX (2).jpg








全部で約5工程


さらに、その1工程のなかで、2〜4回ほど重ねて塗りますので、全15回ほど塗装を重ねます。











そして、完成したカウルに、




ウィンカー、ヘッドライト、ミラーなどを取り付けて、車体に組み付けます。







GPZ1000RX (3).jpg






シールドの取り付けには、ウエルナットという特殊なゴムナットで固定させて頂きました。





そして、今回、フューエルタンクのタッチアップ補修・小キズの補修もさせて頂きました。






GPZ1000RX (4).jpg





細かいキズなどは、コンパウンドの磨きで補修できる事もありますので、
思い当たるふしがある方は、是非お試しください。









GPZ1000RX (5).jpg




純正のカラーリングの良さを残した、カッコいいカスタムペイントです。





これからも、よりいっそうバイクライフを楽しんでくださいませ!!


posted by BSH at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月12日

エストレヤESTRELLAスクランブラーにカスタムしました。〜フロントホイール19インチ化とは!?〜


先日、カワサキ エストレヤESTRELLAの

フロントホイールを19インチ化しました。






スクランブラー (3).jpg





エストレヤのホイールの大きさはもともとは、18インチ。





なので、ホイル径が1インチ(2.54cm)おおきくなります。












「----あれっ!?でも、なんで19インチにするの??----










っと、こんな疑問が浮かんでくるはずです・・・・







なぜ、19インチにするのか!?



あなたは、オートバイで、「スクランブラー」というジャンルをご存知でしょうか??


現在、市販されているスクランブラーでは、トライアンフScrambler(スクランブラー)があります。

そして先日、ドカティからも新型スクランブラーを発売する事を正式に発表しました。



スクランブラーとは・・・・


1960年代に砂漠レース用バイクとして開発された車両。

マフラーは、アップタイプ。
ホイールには前輪に18・19インチ、後輪に17インチなど、大径のワイドリム。
それに、オフロードタイヤを組み込んだスタイル。

車両のベースとしては、フラッグシップモデルをカスタムしているものがおおい。

当時は、トライアンフ、ドカティのほか、各国でこの様なスタイルのオートバイをは発表していた。
日本では、HONDAドリームCL450 SUZUKIハスラー250 YAMAHA トレール250 などがこれに近い。





・・・・・っと言うように、どのメーカーもかつては時のバイクとして発売をし、
一躍脚光をあびたオートバイのジャンルなのです。





そして今・・・



BMW R−NINETをはじめ、ドカティの新型車の発表などなど・・・

改めて注目されているジャンルなのです。














そんな、オールドタイムなスクランブラー・・・・








今回、当オーナー様とタイヤ交換のご相談をしていたところ、林道などフラットダートも走りたいとご要望を受け、
エストレヤをスクランブラー化する事となりました。









他の決め手にも、エストレヤはスクランブラーのベースにはピッタリな形状をしているという事も、一つありました。







まず最初に、フロントホイールを19インチに変更するには、リムを交します。

フロントホイールを、一旦バラバラに。







スクランブラー (8).jpg






そのハブに19インチのリムを組んで、スポークを調整して振れを取ります。









スクランブラー (9).jpg










タイヤは、林道などのフラットダートなども、時々走りたいとのご要望で、

ON・OFF両用のタイヤをセレクトさせて頂きました。










スクランブラー (2).jpg








タイヤを組んだ後、バランスを取ってフロントを組み付けます。


そして、リヤタイヤもフロントと同じパターンのタイヤに変更。





リヤタイヤを外した時、ホイールベアリングが破損していたので、合わせて交換しました。





s-IMG_0168.jpg






新品のベアリングです。









スクランブラー (1).jpg








 そして、リヤタイヤを組み付けて完了。














s-DSC_0015.jpg








画像で見る以上に、迫力が増して、走破性の高いバイクになりました。










s-DSC_0018.jpg








 さらに、ルックスも全体のバランスが整ったような雰囲気








スクランブラーエストレア、カッコイイです!!







posted by BSH at 19:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月02日

スフィアバイク用LEDヘッドライトキットをGPZ900Rに装着しました〜メリットとデメリットとは・・レビューもあり〜


先日、巷で評判になっているスフィアバイク用LEDヘッドライトキットを、GPZ900Rに取り付けをさせて頂きました。








LED (7).jpg







今回、取り付けさせていただいたパーツは、スフィアライト(SPHER LIGHT)バイク用LEDコンバージョンキットH4バルブです。










っと、そこで・・・・・・・






LED化をすると、どんな変化が起きるのかまとめてみました。


















LED化するメリットとデメリットは??


省電力
通常ハロゲンの場合、55W/60Wの電力を消費しますが、LED化した場合、20Wまで消費電力を抑えます。

長寿命
バイクの場合ヘッドライトは常時点灯のため、30,000時間(※1)の長寿命は大きな安心につながります。



LED (3).jpg





明るい
6000k/2400LMという明るさで、LEDヘッドライト初の車検対応(※2)です。


LED (1).jpg



コンパクト
後付けタイプのHIDを組んでいる車両の場合、LED化することにより配線もシンプルになり、トラブル防止にも役立ちます。




※1あくまで目安の時間であり、使用時間を保証するものではありません。
※2 光軸光量は、レンズの状態によりクリアできない場合があります。


2年保証付き


〜スフィアライト商品説明を参考〜





デメリットとしては、現在LEDキットが巷で人気の為、メーカーが品薄状態のようです。
タイミングによっては欠品しているのでお待ちいただく場合があるので、スグにほしい場合は注意が必要です。















そこで・・・・





ひとつ疑問が浮かんできませんか??















なぜ、今までオートバイでLED化が難しかったのか??




それは、バイク用にするには放熱・耐震・耐水という3大条件をクリアーする必要があったようです。




さらに、バイクの限られたスペースで取り付けする為に、コンパクトなボディーでなくてはいけません。

そして、やっとこれらの厳しい条件をクリアーすることができたようです。












今回、取り付けさせていただきましたGPZ900Rでは、

オーナー様のご要望で「ヘッドライトの電力を抑え、明るさもアップしたい」とのことでLEDをいたしました。








LED (4).jpg







GPZに取り付けをする場合、カウリング内にヘッドライトがあるため、ケーブル類の取り回しの変更と防水カバーの加工をします。






LED (6).jpg





取り付け後、光軸を調整して完了です。





後日、オーナー様から「想像以上で、とても明るい。省電力になり、バッテリーの負担が減った。」
というお話をいただきました。








LED (8).jpg







冬も本番を迎え、暗くなるのが早くなります。
この季節はとくに重宝するのではないでしょうか。






これからも、さらにバイクライフを楽しんでくださいませ!!


posted by BSH at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月27日

GPZ900Rのオイル漏れ修理、エンジンオイエレメント交換、タイヤ交換をいたしました。〜オイル交換の方法と注意点〜




先日、GPZ900RNINJAのオイル漏れ修理

エンジンオイル交換、タイヤ交換

をいたしました。




GPZ900R (5).jpg





オーナー様から、

「エンジン下側からの、オイル漏れがある」


とのご相談で修理のご用命を受け賜わりました。







GPZエンジン下周からのオイル漏れは、

当店での経験で!?ウォーターポンプO−リングが漏れの原因と考えられました。






そして、年数の経っているGPZのウォーターポンプは、内部のベアリングが破損しているケースがあるので・・・



相談の結果、今回はウォーターポンプASSY(まるごと)交換することになりました。






GPZ900R (3).jpg










取り外し、バラしてみると、やはり、ベアリングが錆びて破損寸前でした。








GPZ900R (9).jpg







予定通り、新品の純正ウォーターポンプに交換です。






GPZ900R (6).jpg








エンジンオイルとエレメント交換です。






今回、当店での初入庫車両ですので、

いつにもまして念入りにチェックを入れていきます!!




まずは、エンジンオイルを抜き取ります。


実は、あまり知られていない?のですが、GPZはオイルドレン(オイルを抜く所)が2つあります。


GPZ900R (10).jpg


1つだけですと1Lくらい、古いオイルが抜けきれません。



なので、当店では念のために両方から古いオイルを抜き取ります




GPZ900R (11).jpg







外した際に、本来ついているはずの部品が

一個欠品していました。






GPZ900R (12).jpg






このワッシャーは、古いオイルエレメントにはりついていている時があるので、
初の交換時は要チェックする場所です。







組み付け後に・・・



規定量のエンジンオイルを注ぎ入れます。



GPZ900R (13).jpg







そして、今回、



タイヤもヒビや摩耗が進んでいるので、タイヤ前後交換のご用命を受けました。



種類は、お客様ご指名で、ダンロップ GT601を装着させていただきました。




GPZ900R (8).jpg






当店では、タイヤを外した時に・・・・・・



GPZ900R (7).jpg




ベアリング、ブレーキパットの状態もチェックしておきます。










GPZ900R (1).jpg




スポーティーなタイヤパターンでカッコいいですね。


これからも、バイクライフを楽しんでください〜!!



posted by BSH at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月21日

カワサキ エストレヤRS を納車いたしました。 〜歴代ESTRELLAの限定車〜



先日、カワサキ エストレヤRSをご納車いたしました。



DSC_0005.jpg










実は…



エストレヤの歴史は、意外と長く、




そして、その年ごとに歴代カラーリングが施されているのです。












歴代エストレヤの違いとは??(抜粋)






1992年5月 ESTRELLAの最初の発売。



estrella (3).jpg


初号機のエストレヤでは、座席がシングルシートになっていて、
現行よりだいぶクラシカルな印象。




1995年 ESTRELLA-RSが登場。


estrella (4).jpg


RSバージョンは、ロングシートを装着しているのが特徴。
シングルシートはエストレアカスタムで継承。








2001年  最初のリミテッドエディション限定発売。

estrella (5).jpg



パールホワイトのカラーリングに、各部にクロームメッキが施されている。
500台の限定車。







2002年 スズキとのOEM相互供給の発表。


estrella (6).jpg



デザイン以外、諸元表、価格には変更は無し。






2003年 ESTRELLA-RS(クロームバージョン)限定発売。

estrella (7).jpg

専用色のパールブレイジングオレンジをベースに全体にクロームを施していある。
500台限定。





2004年  2003年の限定車のオレンジからホワイトに変更したバージョンを発売。


estrella (8).jpg

これは、3ヶ月間の受注期間限定で発売された。








2005年 クロームメッキ/カスタムクリームイエローの限定車発売。

estrella (1).jpg

こちらも、3ヶ月間の受注期間限定で発売された。










2007年 RSとカスタムの設定はなくなる。


estrella (2).jpg



タコメーターが追加された電気式二眼メーターに変更。タ
ンク下のイグニッションスイッチの位置もハンドルの所に変更。


その後、2014年現行車に至る…


















このように、
同じフォルムのデザインを保ちながら、エストレヤは少しずつ進化しています。








そして今回、ご依頼いただいたものは、2004年式 ESTRELLA-RS のクロームバージョン









先ほどの通り、2004 ホワイトのクロームは、3ヶ月間の受注期間限定で生産されたので、台数が非常に少ないのです。









さらに、程度の良い車両となるとさらに減少。






そんな希少な車両を探し、先日納車させていただきました。。










納車前に、


エンジンオイル、エレメント、ブレーキオイル前後、タイヤ前後の交換。






さらに、タペットの調整。


IMG_4262.jpg





エストレヤは、バルブクリアランスが狭くなりがちなので、

納車前に点検調整しておきます。







「エストレヤに似合うバッグを」


というご要望を頂き、

デグナーのサドルバックを装着しました。




DSC_0018.jpg





クラシックなデザインとブラウンカラーがバイクにとてもマッチしますね。

女性オーナーらしい、エレガントな雰囲気に仕上がっています。











後日、発注していた純正のエンジンガードをセッティングして完了です。




DSC_0004.jpg










とても綺麗に仕上がりました。



たのしいバイクライフを満喫してください〜!












DSC_0008.jpg








posted by BSH at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月30日

GPZ1000RXのフロントフォークのオーバーホール。


先日、フロントフォークオーバーホールの、ご依頼をうけました。


さっそく、ご紹介させていただきますっ!!

オートバイは、KAWASAKI GPZ1000RX。
とてもパワフルなモデルです。


フォークオーバーホール




 
ご依頼内容は、フロントフォークオーバーホール。
オイルシールの交換。

そして、AVDSシステム(アンチダイブ)の修理です。


 

AVDS(アンチダイブシステム)とは…

ハードブレーキング時に、AVDSの効果が発揮。フォークの動き固くなります。これにより、ブレーキをかけた時に車体が安定するのです。
そして、通常走行時は、路面の衝撃をフォークが吸収してくれます。




そこで、問題がひとつ。


AVDSのパーツはOEM生産(純正)がおわっているのです!!

他のパーツは、GPZ900RNinjaと共通パーツもあるのですが…

入手がとても困難。




しかし今回、オーナー様にご協力をいただき、パーツの入手に成功!
(海外で発見したようですexclamation
これで、修理をできます!!





まず、フロントフォークを分解清掃。

そして入念に点検します。


 
フォークオーバーホール




AVDSは、小さな穴でフォークの動きを制御しています。
その小さい穴の詰まりも、掃除していきます。

 
フォークオーバーホール








そして、フォークスプリングの計測。

基準値より短くなっていました!


フォークオーバーホール



おそらく、フォークが固着して、縮んでしまったのではないでしょうか?




フォークスプリングを新品に交換致しました。

ホワイトパワー製(WP)です。




そして、フォーク修理が完了
AVDSも作動しました!

軽くブレーキをにぎって、フォークをボトムさせると柔らかく。
そして、ギュッと強めにブレーキを握りボトムさせると、動きがが固くなります。




GPZ1000RXの装備機能をあますことなく使う。
これにより、当時のオートバイをいっそう楽しめるのではないでしょうか??








ps


フロントフォークには、オイルが入っています。

意外と知られていませんよね??

フォークオイルも交換が必要なのです!


そこで…

「フォークオイルは漏れてから交換でいいんじゃない??」


と考えるかたもいらっしゃると思います。




しかし。

その前に、フォークオイルを交換する理由があるのです。


その理由とは…

フォークのオイルは、たくさん走るとドロドロに汚れてしまいます。

なぜなら、サスペンションは伸びたり縮んだりを繰り返します。
金属同士の摩擦するからです。

また、時がたつと、液体が分離することも…


 
その結果。

内部のちいさな穴に汚れが詰まってしまいます。

そして、100%のサスペンション機能を発揮できません。


 


以下、〜HONDAモーターサイクルHP〜より引用

サスペンションメンテナンスについて
サスペンションもENGと同じく距離管理、及びメンテナンスを行う事で、サスペンションの性能を維持する事が出来ます。もしメンテナンスを行わない状態で2000Km走行した場合、最終的に減衰力は10%低下、フリクションは50%も増加してしまいます。



実は、こういった理由があるのです。

性能を100%維持するためには、定期的に交換をしたほうがよいと言えるでしょう。


交換時期は、4年もしくは、1万kmごとを推奨。
フォークの動きが激しいジャンル(オフロード車など)は、それより短めになります!


参考 HONDAモーターサイクル 

posted by BSH at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月08日

Z900のフレーム塗装しました。

先日、フレームの塗装をしました。



塗装






スプレーガンを使っての塗装なので、
仕上がりが綺麗で塗膜も強いです。







塗装





まずサンドペーパーで、丁寧にサビを取り除き
表面を滑らかにして下地を作ります。





塗装






続いて、慎重にゴミや油分を取り除き
防錆密着剤のサフェーサーを塗っていきます。





塗装







そして、何度も重ね塗りをした後に
フレームのブラック色に塗装をします。







塗装








今回はフレーム特有の半艶の雰囲気が出るように仕上げました。







塗装






綺麗になったフレームは、
より一層、引き締まった印象になりますね目









ps 

突然ですが当ブログは、引越ししました!

KDDIのラブログが、サービス終了したようで、
「シーサーブログ」に移動しました〜!


5月くらいまでは、以前のページからこのページへ
自動で開くようになっています。


ブックマークをされている方は
アドレスの変更をお願いいたします。
お手数おかけいたします<m(__)m>




現在のブログのアドレスです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://bsh141.seesaa.net/

posted by BSH at 21:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月22日

Z750のブレーキキャリパーオーバーホール。

どーも〜〜!!こんばんわー!









いよいよ、今年もあとすこしあせあせ(飛び散る汗)忘年会や年越しの準備などあわただしい日々を送っているのではないでしょうか!?






さてさて











先日、ブレーキのメンテナンスの事をお話しさせていただきましたが、ブレーキを分解する修理がありましたので工程をご紹介します!!







IMG_0212.JPG





今回は、経年劣化によりブリーザープラグ(オイルを抜くところ)が「サビで固着して回らなくなってしまった」というもので、一度ブレーキキャリパーを分解して(後の削りカスが入ってしまうため)ブリーダーを削り取り、ねじ山を切り直し、新しいパーツに組み替えるという修理です。

キャリパーごと交換すると、かなり高額になってしまいますので出来るだけ交換パーツの数は少なくします。



IMG_0214.JPG






修理が終わり、綺麗にピストンとシリンダーを仕上げた状態ですが、キャリパーの中身はこんな感じになっていますあせあせ(飛び散る汗)

シルバー色のシリンダー側に、オイルシール ダストシールが入りますexclamation×2











そして、新しいブリーダプラグをつけて完成でですダッシュ(走り出すさま)



このパーツは、サビてきたら取れなくなる前に、早めに交換したほうがいいようですねー(長音記号1)


















posted by BSH at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月15日

カワサキ エストレヤをチョッパーにカスタム!!

以前にエストレア(フルノーマル)からのアメリカンチョッパー化のご依頼を受けまして、少しずつオーナーさんと話し合いながら仕上げた一台ですexclamation×2なるべくリーズナブルにという事で、できるだけボルトオンパーツを使いましたー(長音記号1)

SA3D0786.JPG

変更パーツは、タンク ハンドル フェンダー シート ヘッドライト スリップオンマフラー 21インチホイールです。
あとは、細かく色をわけて雰囲気をあげてみましたexclamation
エンジンシリンダー マフラー ステム タペットカバー などの塗装ダッシュ(走り出すさま)

SA3D0782.JPG

個人的にもノーマルのエストレアから、よくまとまったな〜と思った一台でしたexclamation×2
posted by BSH at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | カワサキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする